社会保険労務士(社労士)に独学でも合格!おすすめのテキスト

社労士試験に合格するためには、おすすめのテキストがいくつもあります。
さまざまな勉強方法がありますが、その中でも費用を考えた場合は、独学を選択する人も多くなりました。
独学の場合には、どうしても分からないところも、自分で調べ理解しなければいけません。
ハードルも高くなるので、テキスト選びが大切になります。

社労士におすすめのテキストの選び方

社労士の勉強を独学でするのは、自分の時間に合わせて進められるメリットがあります。
誰に縛られることもなく、生活の中で勉強ができるので、自由度の高い選択です。
反面、社労士に合格するためには、勉強時間が700から1000時間必要とも言われています。
これだけの時間を独学で過ごすとなれば、モチベーションも変動してきますし、本当にこれで良かったのか成果をどこで見るのかの問題があるでしょう。
デメリットも見えてきますが、それをカバーしてくれるのがテキストの存在です。

テキストには様々なものがあり、それぞれおすすめのポイントがあります。
しかし、独学という点を考えた場合、テキスト選びは慎重に行わなければいけません。

独学に向いているおすすめのテキストは、薄めのものです、
はじめにあまりにも分厚いテキストは、読んでいるところか、持っているだけでも辛い思いをします。
これだけの量をやらなければならないと思うと、モチベーションも上がってこないでしょう。

精神的な面だけではありません。
独学でスタートする場合、社労士がカバーする法律の内容を一人で理解しなければいけなくなります。
そのためには、基礎となる部分を読み込み、身につけるのが最優先です。
深く落とし込んでいくことになりますが、その時点で必要なテキストを見つけるのがおすすめと言えます。

試験対策として知識を深く落とし込もうと思っても、そう簡単にできることではありません。
はじめは必要もないのですから、独学のスタートはできるだけ簡易で、薄くまとめられたテキストがおすすめです。

これだけ長い時間を勉強する事になるのだから、すぐにボリューム不足になるのではないかと思うのも当然です。
しかし、基本となるテキストに対し、必要な部分を調べ、自分で書き込んでいけばすぐに充実します。
書くことによって知識も身につきますし、記憶を定着するという意味でも、全て書かれているよりも自分でプラスするテキストが独学にはおすすめなのです。

長期記憶という面でも、分からない部分を何度も繰り返すことで成功した時の記憶を定着させられるでしょう。
なんでもできるより、できなかったことを自分の知識にする方法が、社労士の勉強でおすすめです。

法改正には社労士のおすすめのテキストも十分注意

社労士は、社会保険が労務に関する法律を扱う資格です。
試験勉強としても、様々な法律の内容を繰り返していかなければいけません。
テキストを使い勉強をしてきますが、この法改正に注目しておくことが必要です。

独学を選択したのは、できるだけ費用を抑えたいというのも理由の一つになるでしょう。
資格学校などに通うと思うと、自分のためとはいえ、かなりの金額を投資しなければいけません。
合格すれば、登録などにもお金がかかります。
社労士の資格を活かすためには、かなりの資金計画を立てなければ現実として厳しいのです。

そこで、テキスト代もできるだけ抑えたいところですが、社労士試験には最新のテキストがおすすめです。
法律は、時代とともに改正を繰り返してきました。
時代に対して法律の内容が対応できなくなれば、法律として価値がなくなります。
法改正は、必要な内容を盛り込むためのものであり、法律活用できる必須の条件なのです。

社労士試験の内容も、法改正に合わせて変わります。
その変化に、古本などで購入したテキストはついてきません。
出版された段階の最新の情報は盛り込んであっても、現在の法改正に関する内容が盛り込まれてるわけではないからです。
最新のテキストの場合には、法改正に関することは盛り込まれており、その年の試験に出る範囲をカバーしています。
過去問も、最新の法改正に合わせ、答えや解説も修正されているので、間違った知識を身につけることがありません。

古本で販売されているテキストは、安くて便利なことは確かです。
しかし、独学の場合には、どこが法改正されたのか把握するのが難しいことも出てきます。
本当に知識を身につけなければならないのに、間違った知識を身につけてしまえば、独学では修正してくれる人もいません。
試験に落ちてから気が付いたのでは、投資と共にかけた時間も無駄になるのですから、最新のテキストを用意するのがおすすめです。

社労士のテキストは書店で手に取ってからがおすすめ

社労士のテキストは色々発売されており、書店に行くと大量に見つけることができるでしょう。
あまりの数の多さからどれを選んでいいかも分からなくなるほどです。
だからこそ、まずは手に取ってみて、どのようなテキストなのか感じることがおすすめと言えます。
手に取ってみると、色々と違うところに気がつくはずです。

第一印象をどう感じるを考えてみなければいけません。
知識がない段階で、安心して読めたかどうかがポイントです。
読み進めにくいと感じたのであれば、そのテキストには何か問題があるからです。

おすすめの薄いテキストを使ってみるというのも、実はここに関わってきます。
読みやすいテキストにすると、あまり内容を濃くはできません。
わかりやすくまとめるために、簡易に編集していきます。
書店であけてみた時にも、これなら読めると感じるでしょう。

ここが社労士のテキストの大事なおすすめポイントです。
薄くてもテキストは構いません。
問題はこれからどうやって使っていくかにかかっているからです。

テキストを空けた時に、余白があるかどうかも重要です。
いろいろと書き込んでいくとしても、余白がなければ対応できません。
さまざまな要点がわかっても、書き込める場所がなければ意味がないのです。
書店でテキストをあけてみた時に、余白があるかどうかはすぐに目につくので、必ずチェックするべきポイントといえます。

テキストと同時に、問題集も手にとって見るべきです。
問題集は行政書士の試験の合格には欠かすことができない資料になります。
重要な存在で、自分の目で見て合っているものを見つけなければいけません。
特に解説を読んだ時に、読みやすいかどうかが大きなポイントになります。
どんなに優れたテキストでも、理解できなければ役に立たないのと同じで、問題集は解説を読んだ時に判断する必要があるのです。

重要なのは過去問です。
できるだけ早い段階から手をつけることが社労士試験の合格への近道ですが、一問ごとに丁寧な解説が作られているかどうかを見ておくと良いでしょう。
過去問を解くことによって、問題に慣れるだけではなく、知識の定着を目指していきます。
そのためには、解説が欠かすことができませんが、出版社によって内容はかなり違いが あり、実際に手に取り読んでみなければわかりません。
自分に合ったものを手元に置ければ、それだけ習得度も高まるのでおすすめです。

独学で社労士に挑むならおすすめのテキスト

独学で社労士に望むのであれば、適したテキストを使わなければ合格に近づけません。
自分一人で理解度を高めていかなければいけないので、分かりやすく使い勝手に優れたテキストがおすすめです。

みんなが欲しかった!社労士合格へのはじめの一歩 TAC

非常にわかりやすいつくりになっている、スタートに適した社労士のテキストです。
はじめの一歩という内容からもわかる通り、入門書として作られています。
初学者は、法律用語を覚えるだけでも、いっぱいいっぱいになるのが社労士の勉強です。
かなり厳しいことも出てきますが、このテキストであればわかりやすく理解できるのでおすすめの一冊になります。

物足りないと感じるようなレベルですが、基本書としてはおすすめできる内容です。
このテキストをベースに、どんどんと情報を書き込み、自分の必要とする形にまとめていくと、記憶の定着も進みます。
TAC全般に言えますが、イラストや図なども豊富に取り入れられており、分かりやすく作られているので、迷いやすい部分も理解が早まるテキストです。

うかる! 社労士 テキスト&問題集 富田朗

初学者にも対応した社労士のテキストで、知識はなくても法律用語に関してわかりやすく構成されています。
手に取って読んでいると、構成方法に納得がいくはずです。
非常に厚いテキストにはなっていますが、これは5年分の過去問も収録されているからで、内容の濃さの表れといえます。。
全て一冊にまとめているため、手にもつには少々重さを感じますが、これだけがあれば他にはないほどの内容を網羅しているのでおすすめです。

ゼロからスタート! 澤井清治の社労士1冊目の教科書 LEC東京リーガルマインド

TACとともに資格学校として有名な、LEC東京リーガルマインドの有名講師である澤井清治がまとめたテキストです。
人気講師だからおすすめというわけではなく、しっかりとまとめられており、使い勝手に優れているからです。
LEC東京リーガルマインドらしく、最短で合格が目指せるような道筋を提示してくれるテキストといえます。

似ているような科目も整理しながら学習できる構成で、効率よく見つけられます。
暗記が向いているような部分では、語呂合わせなども使って作られているので、初学者でも無理なく理解できるでしょ。

まとめ

社労士に合格するためには非常に長い時間、テキストともに進めていかなければいけません。
非常に難易度の高い試験であり、集中して勉強しなければ合格に届かないでしょう。
そのためには、テキストが重要な意味を持つので、しっかりと選んで知識を身につけることがおすすめです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。