行政書士に合格するために!過去問を解説

行政書士試験に使われた過去問は、合格のために大事な情報源です。
解答には解説がついており、問題とともにうまく使へば合格の大きな近道になります。
いろいろな勉強方法があるなかで、行政書士にとってこれほど力になるものはありません。
効率的な勉強で合格したいなら、ぜひとも利用するべきです。

行政書士の過去問が必要な理由を解説

行政書士の試験において、過去問の研究はとても重要な意味を持ちます。
これは他の試験でも同様で、傾向と対策が合格には必要になるからです。
行政書士では、以前は過去の問題をほぼそのまま出題するケースがありました。
かなり少なくなったものの、論点や趣旨を変えて出題されるのは今でもが良くあります。
こうした問題を落とさないのが、得点を高めるポイントとなるため、行政書士の合格への近道になるのです。

行政書士試験の勉強にあたって、問題を解いたときに、偶然や正解を記憶していたと感じることがあるはずです。
これは、非常に浅い学習になっている状態といえます。
こうした状態を繰り返すと、知識を持っている出題にあたっても、まるで初めて見たような錯覚に陥いることが出てくるのです。
本来は得点するべき問題に、対応できなくなります。
行政書士試験の過去問の問題集を活用すると、効率よく得点できるのです。

過去問には、さまざまな解説が付いてきます。
最新のものを使えば、現在の法令に合わせた解説も読めるのが特徴です。
法改正後にどのように変化したのか、解説から読み取れると知識はさらに深まります。
択一式だけではなく、記述式にも対応できる知識には、解説が大きな力になるのは明白です。

テキストを読んでも知識は深まりますが、これだけでは対応できていないのがすぐにわかります。
自分で答えを導こうとしても、全く出てこない状態に気が付くでしょう。
初学のときなどは、はじめは全く手掛かりのないまま、勉強をスタートしなければいけないからです。
その手掛かりが、過去問と解説のなかにあります。

問題を解くとともに、解説を熟読すると、一体なにが隠れているのか、その理由も見えてくるでしょう。
問題に対する対応力を高めるためには、過去問がぴったりなのです。
実際に出題された問題を読むと、試験での出題に対する読解力も身につきます。
一歩先に進めるためにも、過去問を有効に活用しましょう。

行政書士の過去問の解説を知らなかったことの失敗

過去問を使った方法は、とりあえず解けばいいというわけではありません。
試験直前にさらっと取り組んだりすると、余計に失敗する可能性も出てきます。

行政書士の試験範囲は非常に広く、曖昧な知識では太刀打ちができません。
過去問もポイントをしっかりと意識するのが求められるのです。

問題を解いて、正解を導き出す過程は、勉強として欠かせません。
しかし過去問は、あくまでも過去問であり、本試験ではないのです。
正解するのも大切ですが、論点を理解するほうがもっと必要と言えます。

仮に正解でも、一体なにが理解できていなのかを理解し、解説を読んで同じ答えになるぐらいトライが必要です。
この理解力をつけるためにも、解説は大事な手掛かりになります。

行政書士試験では、過去問がかたちを変えて出題されるケースが多々あります。
問題に対する理解力が高ければ、対応できるのです。
解説を読むことで、根拠を明確にできるからこそ、答えが出てきます。
利用するときも、意識しながら進めていかなければいけません。

本試験の直前に過去問を利用する人もいますが、メリットをいかせずに終わるでしょう。
過去問には、行政書士の試験として出題傾向や頻出論点が隠れています。
試験直前にこれらを理解したところで対応する時間はないからです。
早い段階から過去問に取り組めば、傾向と対策を作り上げられるでしょう。
テキストと並行して過去問を利用するのが、合格への近道となるのです。

過去問のなかには、難問や鬼門と呼ばれている出題が存在します。
俗にいう悪問と呼ばれる問題です。
いくらテキストなどを読んでいても、理解を超える範囲だったりするため、こうした問題は対応ができません。
こうした問題は、何度も出題されることはないのが特徴です。
これも過去問の解説を読めば理解できるでしょう。

滅多に出題されない以上、対応も難しい内容です。
こうした問題まで追いかけていては、とても勉強の時間が足りません。
過去問の解説をうまく使えば、悪問の判別できます。
これも効率よく勉強できる過去問の良さです。

過去問にかかれている解説を知れば、理解度を高めながら、行政書士試験でつまずきやすいポイントを回避できます。
知らなければ損する部分も多いため、行政書士に合格したいのであれば、どんどん活用するべきです。

過去問の解説から行政書士合格へのポイント

行政書士試験を受ける人の属性はさまざまです。
受験資格に学歴が定められていないため、多くの人が受験できます。

そのなかで勉強するのは、範囲の広さもあって困難を極めます。
時間が自由に使えれば、集中して勉強もできるでしょう。
しかし、現実的に仕事や学校などに通いながらになると、そうは簡単にいきません。
時間は有限である以上、重要なのは効率よく勉強できる方法です。

過去問の解説をうまく利用するのは、的を絞りこめるからです。
何度も出題されているような傾向がつかめれば、得点源をつかみ取るのと変わりません。
絞りこんだ範囲が仮に広くても、なにもしないよりもはるかに効率が上がります。
分野別にとらえていくと、勉強の方法にもポイントが見えてくるでしょう。

これが、精神的な余裕にもつながります。
知らない物事を学ぶのは、容易なことではありません。
行政書士試験も、テキストだけでは理解しがたい部分が出てきます。

過去問の解説は、あくまでも問題に関して提供されている内容です。
論点が明確であり、知らない部分がどこなのか、解説を読むとわかるように作ります。
なかなか見つけ出せなかった答えが問題とセットで素早くわかるので、余裕をもって勉強にも取り組めるのです。

過去問を解いていると、行政書士試験のなかで、苦手な分野も見えてきます。
どの分野の問題でつまずいているのか、正誤という数値としても明確にできるからです。
苦手な分野がわかると、取りこぼしているポイントが見えてきます。
基準点以下になると不合格ですが、択一式の問題は、基準点を超えていても取りこぼすと合格にかなり響くのが行政書士試験の特徴です。

苦手であっても、解説を利用すると、理解度はどんどん深まります。
テキストを読んでわからないことも、実際の問題と照らし合わせてみると見解も変わるからです。
こうしたポイントからも、論点別と一問一答式の過去問を用意しておきましょう。
多種多様な問題に触れるためにも10年は用意しておくのがポイントです。

論点別の過去問は、分野ごとにぶれずに勉強ができます。
苦手な分野を克服するのに利用できるので便利で、探す手間も省けるので効率化できる大事な問題集です。
その分野に対して、解説を読むだけでも、知識を得やすくなるでしょう。
10年分もあると、角度を変えて取り組めるので、知識の定着にも役立ちます。
頻出問題も自然と見えてくるのが利点です。

一問一答は、消去法が使えません。
行政書士試験でも、論理的思考のもとで答えを導き出さなければいけなくなるのです。
掛ける時間も短くて済みますし、記憶としてもとらえやすくなるので、一問一答は役立ちます。

行政書士の合格へは過去問の解説を暗記

過去問の解説は、暗記するのが基本です。
暗記してしまうと応用が効かなくなると思われがちですが、行政書士試験では少々違います。
記述式試験があるからこそ、暗記してしまうのがおすすめです。

記述式試験は、40文字程度で解答を作らなければいけません。
文章の流れとして、起承転結も盛り込みます。
一見すれば難しそうに見えますが、実は過去問の解答にヒントがあるのです。

解説は単純に答えを書いているだけではありません。
文章として起承転結をもたせ、要約しているのです。
これがそのまま記述式の答えになるのがわかるでしょう。
つまり、解説を丸暗記してしまうことで、しっかりと答えを導き出せているのです。

記述式は、のべつ幕なしに広大な範囲をターゲットにしているわけではありません。
ある程度の範囲があるので、過去問で練習していけば、かなりの力が付きます。
理解度を高めることが、答えにつながる以上、過去問の解説をうまく使うべきなのです。

暗記に向く科目という面もあります。
行政ほうがそのひとつで、判例ではなく条例自体を問われるケースが多いので、暗記しておけばそのまま答えが出てくるのです。
これで配点が低ければ、それまでの話ですが、行政法は出題数が多いのに気が付かなければいけません。
さらに最も配点が高い行政法である以上、暗記する価値が十分にあるのです。

過去問を使えば、頻出問題も見えてくるので、重要な条文がわかります。
行政書士試験の肝ともいえるため、解説ごと丸暗記が確実な対策です。

逆に理解度を上げなければいけないのが、民法と一般知識の文章理解です。
これは暗記では対応できません。
条文の暗記や判例の暗記は必要ですが、理解したうえで定着させていなければ対応できないからです。
特に民法は事例問題が中心のため、読解力が要求されます。
解説を読みながら、どのような問題形式なのかを判断できるようにしましょう。

まとめ

過去問には、行政書士試験で合格するための要点があります。
勉強にメリハリをつけるためにも役立ちますし、解説を読めば問題の要約を簡単に手にできるでしょう。
テキストと並行していけば、知識の定着もはやめられます。
重要ポイントもさまざまな面で判断できるので、行政書士試験に合格するためにも上手に活用していきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。