行政書士試験はいつ?合格を目指すためのロードマップ

行政書士試験はいつ行われるのか理解した上で勉強の方向性を考えていかなければいけないでしょう
闇雲に勉強したところで行政書士の試験に合格するわけではありません
いつどのようなレベルに自分が仕上がっているのかも考え有効な方法をとることが合格への道になるのです

行政書士試験はいつ実施?

行政書士の試験は国家資格として必ず定められた日が存在します
それ以外では実施されることがありません。

行政書士試験はいつ実施されるかと言えば必ず毎年11月の第2週の日曜日です。
これ以外の試験日は存在しないところに注意が必要です。
いつでもこの試験日を意識しながら勉強して行かなければいけません。

いつ実施されるのかがわかれば、勉強していく方法も逆算することができます。
長い時間かけて勉強していくことになるので、ロードマップを敷き仕上がりの状態を予測しながら勉強してく必要があるでしょう。
ただ闇雲に進んでいたとしても行政書士の試験に合格できるほど甘くはありません。
必要となる時期に必要な知識を身につけていなければ、試験当日の時間はどんどん迫ってくるのです。

行政書士の試験では非常に広い範囲を勉強しなければいけません。
最初に覚えたことが試験当日になって忘れてしまうということもおきます。
ロードマップを明確にしておくことによって、仕上がりだけではなく、自分の記憶の再確認という作業にもつながります。
記憶を再確認しなければいけないという作業は、一見すればロスに繋がる部分にうつるかもしれません。
しかし記憶を定着させるということで考えれば、忘れそうな頃に繰り返しておき、再度記憶の定着を図るということが必要です。

いつ実施されるかという面から考えても、繰り返さなければいけない時期は誰にでも見えてきます。
その時に試験対策問題をやってみるなど目標を設定しておくのも良いでしょう。
自分の確認をするためにも必要な作業となるので、試験日はいつなのか常に意識しておかなければいけないのです

行政書士試験に合格するためにはいつから始めるべきか

行政書士試験を受験する以上合格することが最大の目的です。
受験することが目的なのではありません。
一体いつから勉強を始めるのかがいいのか判断していく必要があります

単純に勉強の時間ということがあれば長ければ長いほど知識を身に付けられるのは確かです
しかし合格ということだけを考えて競馬そこまで長いスパンをかける必要があるかどうか疑問にならなければいけません
実際に長い時間かけたとしても忘れてしまえば意味はありません
合格ということが最重要ポイントになるた合格できる知識を身につけるのかこれがスケジュールの鍵となってきます

行政書士の試験が行われるのが11月と決まっている以上この時期をターゲットにしなければいけなくなります
ターゲットにする時期が決まったところから考えていくとここからスタートすると一年間の時間が取れることになるでしょう
これよりも前にスタートしてしまうと試験に対応する知識が身に付けられるかどうかの問題が出てくるのです
行政書士は法律系の資格試験として実施されていますが法律は法改正をするという問題が付いてきます
法改正された場合試験の内容が変わってしまう可能性が出てくるのです

行政書士の試験範囲は 試験を実施する日に属する年度の4月1日現在施行されている法令が基準です
つまり11月にスタートスタートして次の年度の4月1日現在に法改正されているものであれば出題されることになります
いつスタートするべきかという所にも関わってきますが11月にスタートすることを考えれば法改正の内容は把握できているはずです
逆に出題されやすい可能性としても捉えることができるでしょう
対応した対策が必要になりますがそれができるチャンスとして考えても11月というスタートは適切な時期です

いつ始めるのかと迷った時には今がチャンスという考え方もできるでしょう
法改正される部分も色々とありますが憲法のように簡単に変わらない行政書士の試験範囲もあるからです
こうした部分の勉強であればいつから初めても覚えることができます
過去問に関しても解釈が大きく変わるようなことはまずないからです

いつ始めようかと思っていると結果として出遅れになるようなことも出てきます
試験範囲も広く難易度も高い試験として考えればいつ始めるのかではなく今だからこそ始めていこうという気持ちが合格へ導いてくれるでしょう

行政書士試験の勉強の参考書はいつのでもOK?

行政書士の勉強にはさまざまなポイントがあります
参考書を使って勉強するというのも方向になるでしょう
資格学校などを利用する方法もありますし自分の時間を有効活用できる通信教育が独学の方法で合格を目指すことも可能です
受験資格がない行政書士試験の場合多くの人が合格を目指してきます
そのため数多くの参考書が出版されてきましたがいつのものを利用するのかが大切なポイントになるのです

法律の問題は既に法改正という問題がついてきます
これは行政書士の試験だけに限ったことではありませんが対応できる知識を身につけなければ合格はできません
いつ始めるのかと言った時に法改正を見据えてスタートする事が一つの方法となるのは確かです
自分で情報を知っていたとしてもそれが出題された時に答えと結びつくかどうかは大切なポイントになるでしょう
テキストにも同じことが言えるのです

テキストに出ている情報はその当時の最新のものになります
現在の最新情報のではありません
ここが重要です

独学で行政書士試験の合格を目指す場合できるだけ費用を抑えたいということもあるはずです
学校へ通学したり通信教育を利用するとしても必ず大きな費用が発生してきます
どんなに安いものを選んでも数万円はかかるでしょう
独学の場合にはテキストさえ用意できれば勉強をして行くことはできます
これが合格へ導ける最善の道というわけではありませんが費用対効果が最も高い方なのは間違いありません

そこでテキストを古本などで集める人が出てきます
安価なテキストを手に入れられるということでは適切な方法になるでしょう
しかし法改正という部分で見た時に行政書士の試験に対応できるかどうかはまた別問題です
テキストの出版された時には最新の情報であっても手にした時にはすでに古本です
法改正には対応していない回答が書かれていることになるので十分な注意が必要になります

法改正した内容を的確に判断できるのであれば古本でもてきそは問題ありません
しかしそこまでの知識がないのであれば現在の法改正に照らし合わせた回答が書かれているテキストを用意しなければいけないでしょう
最新のテキストを用意することによって現在の法改正に合わせた回答を得られます
回答だけではなく解説も法改正したことに対して触れていることでしょう

こうしたテキストで知識を身につけていけば実際の地形の時にも迷うことがなく答えられるはずです
逆に法改正したことが解説として書かれているので記憶を引き出すか気になるかもしれません
どこかで法改正したということが思い出されればその部分の記憶が引き出され答えに繋がっていくからです
行政書士の試験にとって最新の情報とは欠かすことができない条件となるのでテキストは最新のものを用意するのがいいでしょう

いつも行政書士試験の合格率が低いわけ

行政書士の試験の合格率は常に問われるポイントです
法律系国家資格として幽門に位置すると言われながらもいつも合格率は10%前後に推移しています
低かった年には5パーセントを下回るような時もあり入門に位置するような難易度というのはどこさしているのかわからないことも出てくるはずです

行政書士試験の合格率が低い理由として挙げられるのは受験資格がないということを挙げる人が多いでしょう
どんな人でも受験できる対応力は行政書士試験の魅力の一つです
頑張れば資格を得ることができるのですから夢もあります

しかし多くの人が合格に向けてしっかりと対応しているわけではありません
とりあえず受験してみようかと勉強もせずにチャレンジする人も出てきてしまいます
中には申し込むだけで受験することもなく終わってしまう人もいるので合格率が下がってしまうと言われています

受験資格がないということで全くバックボーンがないまま受験することもあるでしょう
法律系の知識を身につけてからチャレンジする必要がありますが受験資格がないためそのような準備が間に合わない人もいます

行政書士の試験としてみた時にも合格率が下がるポイントがいくつもあります
その一つが記述式問題の出題です
単に暗記ではなく深い知識を要する出題で文章として構築し答えなければいけません
文章の構成能力も問われます
非常に難しい次第であり行政書士試験の受験生の壁にもなってくるのです

行政書士の試験では足切りがあるところも合格率を下げているポイントです
大きく分けて2科目出題されることになりますが法令だけではなく一般知識の科目が存在します
一般知識では個人情報保護法などが問われる部分にプラスし文章読解して答えを導き出せなければいけない問題が出てきます
高校などで行われる現代文と同様の問題であり法律とは全く関係のない出題がされます
この現代文の答えというのが行政書士試験で悩まされるポイントになるのです

一体いつこのような勉強をすればいいのかということも出てきますが何よりも足切りが関わってくるため最低限の点数は取らなければいけません
試験勉強をしていたとしても回答を作った時に自分で採点することになると本当に会っていたのか分からなくなってしまいます
いつも行政書士の合格率を下げる大きなポイントになってきますが対応策もしっかり取らなければいけないのです

まとめ

行政書士の試験を受験するのであればいつ始めるかというのではなく思い立った時が吉日だと思うスタートする必要があるでしょう
長い時間をかけて勉強しなければいけないほどの範囲が待っています
相当な準備もしなければ合格することはできませんのでいつではなく今だという覚悟を持って勉強することが大切です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。