行政書士試験に合格するための試験科目分析!

行政書士の試験に合格するためには試験科目に対して適切な勉強をしていかなければいけません
知識としても身につけるだけの努力が必要となりますが何よりも効率的に勉強を進める必要があるでしょう
そのためには試験科目ごとにしっかりとした分析が必要です

行政書士試験の科目の中心となる法令科目

行政書士は法律の資格です
勉強も法律を中心に行なっていかなければいけません
大きく分けると二つの科目がありその一つが法令科目です
一口に法令と言っても非常に広い範囲をカバーしなければいけません

法令科目で出題されるのは基礎法学憲法民法行政法商法会社法の五つです
実際に法律を勉強したことがある人であればわかりますが単純にこの五つの範囲は膨大であることがわかるでしょう
あまりにも多くの内容が出題される試験が行政書士なのです
行政書士の業務に関わるような法律の出題が中心となりますが何よりも問題なのは総得点のうち80%がこの法令科目に集まっています
そのため合格するための総得点の基本となってくるため確実に得点することが求められるのです

法令科目のうち基礎法学と商法会社法に関しては配点が非常に低く設定されています
もちろん得点できることが大切ではありますがそこまで勉強の時間をかける必要がないとも言えます
時間をかけたところで配点が低いため効率的な勉強にはつながらないからです

憲法は学生の間にいくつかの条文に関しての内容は勉強するでしょう
しかし深く掘り下げて勉強することはまずありません
理解度を高めなければいけない部分でもあり行政法の基本となってくるのでしっかりとした知識が必要です

行政法と民法は行政書士試験の科目の中でも重要な位置を占めてきます
この二つの特典が総得点に大きな影響を与えると言えるでしょう
行政法は最重要科目になります
配点が最も高い科目でありここを落とせば合格できません

行政法という性格上普段耳にしないような法律用語が多く判例まで理解する必要が出てきます
基本となるのは国民がようせいという立場から不利益を被らないようにするための法律です
そのため不服の申し立ての手順などに関しても出題されることがあります
内容としてみればそこまで難しいものではないので丸暗記するぐらいの勢いが必要な科目です
用語も覚えてしまえば問題ないでしょう

同じように得点源になるのが民法です
非常に広い範囲を誇る法律であり理解度を深める必要性が出てきます
条文が細かいこともありますが複雑で図解なども作りながら勉強しないと理解できないところも出てくるでしょう
理解度を深めることによって記述式問題などにも答えることができるようになります

民法の勉強法は行政法と比較されることもあります
行政法は暗記で対応できるものの民放はそうはいきません
立場を変えて理解するなど深く掘り下げていく必要が出てくるからね

一般知識は行政書士試験の科目の壁

法律の問題とは違い行政書士試験の受験者の重荷となってくる科目が一般知識です
一般知識にも最低限の得点が決められておりこれを越えなければ足切りの対象となります
どれだけ法令科目で点数が取れたとしても足切りに合えば不合格です
そのため多くの配点を撮ることではなく足切りに合わない得点を摂ることが必要になるでしょう

一般知識には三つの科目が存在します
政治経済社会は一般知識の中でも得点が取りやすい範囲と言えるでしょう
勉強の方法は学校の勉強などとは違い生活にかかわる部分が出題されやすい傾向を持ってます
普段から社会で起きていることに注目するだけでも家内の部分をカバーできるのです

実際に出題される傾向が強いのは時事問題です
過去問題が出題される傾向が少なく利用しにくい麺がありますが逆に当時の指示を理解できればこうした問題が注目されるということが見えてくるでしょう
出題範囲は曖昧で広範囲になることから行政書士試験を受ける人を悩ませますが普段からニュースなどに関心を持っていればそこまで難しいことはありません

法律の整備が進んできているのが情報通信個人情報保護に関する部分です
この科目は現代社会として大きなウエイトを占めるようになりました
特に個人情報保護法に関する出題が重要でかなり細かなところまで掘り下げられることがあります
実務に関することも出題されるためどんなことに関係しているのか理解する必要があるでしょう
難易度として見た場合には一般知識の中で最も低いため特典の底上げとして利用できます

一般知識の中で最も大きな壁となるのが文章理解です
この科目の必要性も議論されるほど行政書士試験の合格率を左右している科目ともいえるでしょう
単純に内容を言えば現代文です
法律とは全く関係がありません
知識も要求されないと言われていますが苦手を克服し得意科目であり対策も難しくなるでしょう

長文読解が多く小論文などが利用されることから内容が理解しにくい場合が出てきます
問題の難易度がその年によって大幅に揺れ動くことでも知られておりどうしても得点しにくい科目とも言われてきました
文章を読まなければならず回答を得るためにも時間がかかります
最も交換に出題されるのでここで時間切れになってしまうことも多いでしょう

科目としての重要度が低いことからここまでに合格できる点数を取るというのが行政書士試験の決まりともらってきました
それほど分かりにくい問題友なるため対策をして注意しておく必要があるでしょう

行政書士試験で抑えたい科目

行政書士の試験にはいくつか押さえなければいけない科目が存在します
法令の中で言えば愛がある程度決まっており暗記で対応できる行政法です
暗記で対応できるということはひたすら覚えていけばいいとなるでしょう
もちろん行政書士にとって大切な内容ともなるため理解を深める必要が出てきますが、試験に合格するという意味では徹底的な暗記が必要です

行政法の場合多肢選択問題が2問出題されます
虫食いになっている部分を埋めるという出題ですが1問8点と高い点数が置かれています
2点が4箇所という構成なので全て正解しなくても得点が加算されるのが特徴です
この出題は判例の判旨が原文のまま出てくるのである程度を範囲を絞り込むことができます
ひたすら暗記してしまい記憶に落とし込むことによって自然と解答できるようになるでしょう

同じように出題されるのが憲法です
憲法の場合は一問だけ出題されます
範囲も広くないため同様に暗記で対応できる部分です

押さえておかなければいけない科目として民法も挙げられます
民法は暗記が利かないだけではなく記述式問題として2問出題されるところが大きな特徴です
1問20点であり民法だけで40点あります
行政法からもう一問出題されますが範囲の広さが違うのです
特典として見た時にも落とすことができない範囲となってくるので民放は細かく理解をできるように勉強していかなければいけないでしょう

一般知識の中では個人情報保護法は外すことができません
他の法律と比べ格段に難易度が下がるので定年勉強していくと点数が取れます
一般知識の足切りを防ぐためにも個人情報保護法は徹底的な対策をとるべきです
配点から見れば12点しかありませんが最も難易度が低いことからも足切りを防ぐポイントになるな

行政書士試験科目として対策が異なる記述式

行政書士の試験科目として非常に難しい回答を求められるのが記述式です
非常に高い配点を持つ問題ですが基礎知識がなければ答えにたどり着くことができません
問題に対して40字以内に簡潔にまとめなければならず少なければほぼ特典ができない問題です
文章としてまとめる能力も必要となるためように難易度の高い問題となっています

出題したいが難題でですが論点としては基本的なことが問われる出題です
取材される範囲はある程度決まっているため覚えようと思えば出来ないことはありません
過去問を見ながら条文や判例を覚えるということが基本的な対策です
特にキーとなるようなフレーズが存在するようだ条文や判例は集中的に覚えておかなければいけないでしょう
その上で理解を深めるための努力を重ねていきどの角度で出題されても答えられるような準備が必要です

記述式の場合答えが完璧でなくても点数がもらえます
白紙回答というのがもっとももったいない回答の方向となるでしょう
しっかりと最後まで文章を作り上げていかなければいけません
論理性も必要ですが整合性のある文章を書かなければいけないと言えるのです

記述式が難関とされる理由の一つとして、対策がしにくいという点が挙げられます
覚える解答を導くと言ったプロセスの集大成とも言える問題です
これを頭で文章肉に変えてかなければいけません。
答えの出し方が異なるため行政書士試験科目の中でも厳しい問題となるのです。

専門の参考書が販売されているほど注目される問題ですが、なかなか慣れることができない人もいます。
資格学校などでは、記述式問題に対する専門講座なども開いている場合があります。
どうしても慣れることができないという場合には講座などを利用すると良いでしょう。
回答を添削してくれるというプロセスがあるだけで、習得度に大きな差がついてきます。
自分で模範解答と比較しても本当に合っているのかどうか加点されるかどうかの判断が難しいのです。

一番のポイントは範囲が決まっているということでそれ以外の部分は覚える必要がないということです。
参考書などを見るとその範囲を超えている解説や出題があるのっている場合もあります。
参考書にも書かれているはずですか範囲外という問題であればあえてやる必要もありません。
必要なところだけで絞り込み勉強することが大切です

まとめ

行政書士の試験科目に対する勉強はかなり広い範囲をカバーしなければいけません
あまりにも広いため全てをやろうと思えば一年間があっても間に合わないでしょう
しっかりとターゲットを絞り込み効率良い勉強方法を考えてことが合格への近道になるのです

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。