資格として魅力がある!行政書士試験

行政書士は多くの人が受験する試験です
資格として高い人気を誇り毎年多くの人が合格を目指していきます
様々な可能性を秘めている資格なのを考えればどのような難易度なのか考えてみることが必要です

資格としての行政書士試験の価値

行政書士は古くからある国家資格の一つです
以前は街の法律家とも呼ばれてました
行政書士の主な仕事は許可申請権利関係事実証明の2つです
もっと端的に言えば各種許可申請ということになるでしょう
ただし範囲は驚くほど広く現在は1万種類とも言われる内容を相手にする仕事です

世の中に必要となる書類には様々なものがあります
その中でも役所に提出する書類の手続きの代行をするのが行政書士です
こうした書類の多くはというは自分で出すこともできますが不備があれば差し替えされてしまいます
素人では作成も難しく理解するだけでも時間がかかってしまうのです
そのため行政書士のような資格を持った専門家が必要になると言えるでしょう

事実証明に関する書類も行政書士の仕事の範囲です権利関係に関する事実証明は自らの意思を表示するといった大きな役割を持ちます
交渉の場面でも必要になってくる書類で何が存在するのかはっきりとさせるために作られるのです
代理人としても活躍するのが行政書士でコースター側面から代書屋と呼ばれても来ました
常に広い範囲を相手にしているわけですが全て資格がなければできないわけではないのです
ただし必要な範囲は非常に広いことからも多くの行政書士が活躍してきていると言えるでしょう

絶対に行政書士がいなければ高い知識が必要な書類も全て自分で作らなければいけません
時間もかかりますし知識も必要です
一般の生活をしていると縁遠いに書類も出てきます
こうした書類の作成を依頼できることは妖精書士の大きな価値に繋がっているのです

例えば車庫証明ひとつをとっても誰もが簡単に申請できるわけではありません
根本的な部分として一体どこに申請するのかここからスタートしてしまうことも珍しくないからです
書類の内容以前の問題でもありますが行政書士という専門家に依頼することによってスムーズに進められるというだけでも大きな価値を持っています
それだけに資格としても魅力ある存在と言えるのです

行政書士の資格試験としての難易度

資格試験として考えた場合、行政書士は法律の国家資格としては難易度は入門と位置づけられています
法律系の資格の頂点にあるのが弁護士資格であり、法律系のすべての資格に使うことができるほどの知識が必要です
この難易度と比較してみた時に行政書士試験は非常に簡単であるということになるでしょう。
確かに法律の知識としては入門レベルかもしれません。
これはあくまでも法律が分かる人にとっての入門レベルだのがポイントです。

法律初学者にとって法律の勉強をするということは非常に困難を極めます。
扱っている言葉から異なりますし、一般生活で使われている言葉とは意味が異なるものすら存在するのです。
専門の要望も多数ありますし、権利関係などを複雑な方も少なくありませ
こうした勉強をしていくということは一般の人から見ればかなりの難易度になるのです。

実際に合格率を見ると毎年10%前後で推移していることがわかります
行政書士の試験には多くの人はチャレンジできると言う面でこの難易度は正確ではないと言われることもあることです
勉強などをした準備もせず記念に受験すると言った人まで現れてきてるのは間違いありません
しかし、こうした現象は他の資格でも多かれ少なかれ出てくるものです。
それを差し引いたとしても、10人に1人しか合格できていない現状を考えれば難易度は低いわけではありません。

もう一つ行政書士には足切りという問題が出てきます
資格試験として難易度を高めているポイントですが、一般知識の問題が大きな分かれ目になるのです
法律の資格試験ではありますが、出題は法律だけではありません。
現代文のような出題が出てくる一般知識も点数を取らなければ合格できない仕組みです

一般知識では56点満点中24点以上内容としては40%以上の得点がなければ足切りされてしまいます
仮に法令の問題で100%答えられたとしても一般知識で40%以下になると足切りで不合格となるのです
この一般知識の問題が行政書士の資格試験の大きな壁となっています
難易度を引き上げてるポイントでもあり受験生泣かせの出題とも言えるでしょう

実際に通信教育などでも合格するまでに必要な時間は500時間程度と設定しています。
一口に500時間と言うと短そうに見えますが、1日3時間の勉強で半年近くかかることになるでしょう。
現在の生活を考えてみて1日3時間の勉強時間が取れるかどうか、毎日取れるという人はそこまで多いはずはありません。
そこまで勉強しなければ合格できない可能性があるのですから、難易度は推して知るべしということになるのです。

行政書士試験には受験資格はない?

行政書士は受験資格が存在せず、誰でも受験することができる法律の資格です。
非常に幅広い人達に受験する機会を与えていると考えることができます
誰でも受験できるということは、法律を専門的に勉強したり業務として扱ってきていない人にとっても受験できる資格ことになるでしょう

行政書士という資格的な部分を考えれば様々な知識を持って臨まなければいけません
1万種類とも言われている業務内容に対応できる準備として見ても相当な知識が必要になります
それでもこれまで多くの人が受験してきました

受験資格がないということが行政書士試験の難易度にも影響していると言われています
誰でも受験できるということでした準備もなしに受験する人が出てくるからです
中には記念受験として受ける人もいますし申し込みだけして受験しないという人も出てきます
他の資格試験でも少なからず発生はしていますが受験資格はないということでこうした人数が多いことは間違いないでしょう

ただ実際には10%しか合格していないという現実があります
合格した人の全てが行政書士の登録をして独立開業するというわけでもありません
かなりの費用も必要になることから合格するだけ合格して改行はしないという選択をとる人もいるのです

近年は受験資格がないと言っても合格率が上昇してきているのも確かです
この背景にあるのが弁護士資格試験の変化です
近年内容が変わり受験回数に制限がかかるようになりました
結果として弁護士になることができず知識を生かすために行政書士の資格試験に応募する人が増えているのです

弁護士の勉強をしてきた人にとって行政書士の範囲は決して難しいものではありません
一般知識などの試験があるので必ず合格できるというわけではありませんが法律の専門家を目指していたことを考慮しても苦戦するとまではいかないでしょう
受験者数が減少してきてる中でも合格者数はほぼ変わらない数字を叩き出してきています
この背景にも弁護士の資格の変化が関係してると言われているのです

行政書士試験後の資格の活かし方

行政書士の試験は合格しただけでは活躍することができません
資格として得られるだけでこのままでは名乗ることもできないのです

行政書士を名乗るためには行政書士会に登録する必要があります
登録には一定要件があり満たしていない場合には欠格事由として断られる場合もあるのです
誰でも受験することはできますが誰でも行政書士の資格を活かせるわけではないということになるでしょう

実際に行政書士になるためには独立開業しなければいけません
どこかの企業に勤めながら行政書士の資格を活かした仕事をすることは可能です
しかし、行政書士と名乗ることはできません
これも資格を活かす要件の一つとなってくるのです

様々な要件が関わってくると行政書士ですが、非常に多くのことができる資格です
基本となるのは許認可申請権利関係事実証明と言う三つの柱があります
役所に提出する書類の代行手続きや権利関係に関する書類事実証明書類の作成などが主な業務です
他にも代理人として契約や書類の作成なども行政書士の大事な仕事となるでしょう
非常に多くの面で活躍する場面があるのです

資格として活かせる場面ではありますが全て行政書士が必要というわけでもありません
行政書士が間に入るからこそ安心できるといったレベルになってくるのです
自分でできる人は全てこなしてしまっても構いませんがそれだけの時間と労力を必要とするでしょう
行政書士はこうした内容の肩代わりをするといった存在になるのです

行政書士として資格を活かして来場合にはそれだけの顧客も必要になります
資格試験に合格すれば独立して仕事になるというわけではありません
依頼してくれる顧客がいなければ経営として成り立たないからです

非常に大きなポイントとなってきますが資格試験に受験する前の段階から将来像は考えとかなければいけないでしょう
これまで自分が作り上げてきた人間関係なども生かし行政書士の資格をつなげていけるかどうか判断する必要が出てきます
こうしたコネクションがうまく使えないのであれば独立開業した当初はかなり苦労することになるのです
生活をしても売上を上げてかなきゃいけないのですから能力を活かすためにも実務講座などを利用してみることを検討しておくと良いでしょう

まとめ

行政書士の資格が非常に人気があります
試験としての難易度は決して低くありませんが独立開業できるチャンスがあるからです
将来的な部分まで見据えて受験する必要がありますが何よりも試験は簡単ではありません
時間をかけて対策していかなければならないので、一年単位でスケジュールを組み試験に臨めるようにすると良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。