行政書士の開業前にいかせる実務講座

行政書士は以前は街の法律家とも呼ばれるほど身近な存在でした
幅広い業務内容を持持つからこそ合格後に実務講座を利用する人が増えています
合格後のことを踏まえてどのようなものなのかを検討しておくことが必要です

行政書士の合格と実務講座

行政書士になるためには国家資格として試験に合格しなければいけません
これは決して簡単なことではないでしょう
法律系国家資格と見れば、難易度は決して高くありません
しかし初学者がすぐにわかるほど簡単なものではないのも確かです
それだけ行政書士の試験範囲は広大であり容易に対処できるものではありません

行政書士に合格するための勉強時間は800時間とも言われ1年をかけて勉強していくことになるでしょう
それだけの時間をかけなければならない試験ではありますが合格後のことも踏まえて行動していく必要もあるのです

行政書士に合格することを目指してる人には様々な理由があります
日常的に使う資格とは少々異なるため誰もが何かの目標を目指し合格することを考えていくからです
将来のことを考え資格を取っておきたいという人もいるでしょう
現在の仕事から独立開業を目指すというのも行政書士の資格取得の考え方です
受験資格がないという面でも行政書士の資格は有効に働きます

行政書士の開業前のことを考えると実務講座を受講することを踏まえて行動するのは容易ではありません
問題は行政書士という資格の形にあります
行政書士を名乗るためには試験に合格するだけでは用件が足りないからです
行政書士を名乗って仕事をするためには行政書士会に登録する必要があります
さらに独立開業することが行政書士の資格の基本となるのです

独立開業できるからこそ合格を考えてる人も多いでしょう
しかし現実的には資格があったから経営が成り立つわけではありません
この将来を踏まえた上でも実務講座の受講は大きな意味を持ってくるのです
長い期間かけて勉強してからこそ将来を考えておくと安心できるのです

行政書士は実務講座が必要か?

行政書士にとって実務講座が必要な理由は将来性の問題だけではありません
行政書士の試験のシステム的な問題も実務講座の必要性を高めています

行政書士の業務範囲の広さから考えても多くのことを学び身につけていかなければいけません
そのための資格勉強であるはずですが合格するための勉強と行政書士の実務はあまり繋がってないのに
現在の行政書士のあ使える業務の種類は1万種類を超えていると言われています
これが法改正のたびに増えていくのですから行政書士は様々なことができるともいえるのです

勉強していてもわかりますが法律の勉強をしても行政書士の実務としての部分はあまりありません
記述式問題においては行政書士の立場からどのような答えを導くのか知識が必要になります
しかし役に立つのはこの程度の量しかありません
800時間とも言われる勉強時間の中で実務に対応できない勉強を繰り返してことが将来の不安として残るのを理解しておく必要があるのです

いくら勉強したとしても試験に合格したとしてもいつもには繋がらないそれが行政書士の試験勉強です
独立開業しなければいけない条件から考えてもこれでは将来は暗いものになってしまいます
経営者として経営できるかどうかの判断も必要になるでしょう
試験の勉強をしていてどのような仕事をするのかイメージが湧いてる人はそうはいません
実務講座を必要とするのは合格した時に経営できるかどうかの大事な要件になるのです

実務講座を受験すると様々な面が見えてきます
どのような方法をとればいいのか自分にその方法が選択できるかどうかも実務講座を受講することで見えてくるのです。
行政書士として外回りを 営業する部分も出てきます。
看板を掲げレバー仕事がやってくるわけではありません。
看板を知ってもらうためにも行動が必要になってきた・

1万種類もある業務内容のすべてを覚えることもできないでしょ。
自分自身がどのような仕事に対応できるのかも考えていかなければいけません。
実際に仕事を受けるとしても行政書士だからと言って全てのことができるわけではないからです
非常に厳しい競争棒待っています

行政書士の合格者の数を考えれば容易にわかりますが毎年5000人もの合格者が生まれているのです
その全ての人たちが行政書士としてどのような仕事ができるのか認識できるとは限らないため実務講座は必要になると言えるでしょう

行政書士実務講座にかかる費用

行政書士の講座は様々な資格学校や通信添削で受ける方法があります
最近では実務講座を専門としてるところも出てきました
それだけ合格者に対して必要性が高まっているともいえるでしょう

行政書士の実務講座も種類が色々とあり、行われる時間にも差が出てきました。
一般的なところで40時間から120時間の口座があり、資格学校や通信添削の仕方によっても違いが出てきます。
内容としても全体的に包括して行うようなところもあれば、一つの申請書などターゲットを絞って行われているようないつも講座もある状況です。
マッチしたものを見つけることが大切であり、体系的な知識だけで済ますのかそれとも経営論までほかするかによってもかかる金額も時間も違いが出てきます。
絞り込むことも必要ですが、どのような経緯を目指すべきなのかその知識の量に応じて費用を考えていくべきでしょう。

実際に行われている相場は一概に比較することができない状態です。
共通した部分が少なく実務という部分でも大きな差があります。
一つの業務にターゲットを絞り込み、内容を落とし込むような講座であれば1日で終わるため価格も1万円程度です。
しかし経営ということで他的に行うのであれば日数もかなりかかりますので費用も応じて高くなります。
実際に行われてるような実務講座の場合30万円にもなるようなところも出てきました。

費用に対する基本的な考え方は、コマ数で判断することができます。
一講座1時間というわけではありません。
そこで一つの授業単位を駒と呼びます。
この人を駒がいくらなのかということで、開催されている数を数えて判断すると比較がしやすくなるでしょう。
それでも内容は様々であり、ひとコマで済むようなことから数日かけてやらなきゃいけないものまで出てくるのです。

こうした費用は利用者によって価値が変わってくるでしょう用対効果が高いと感じる人もいますし。
費用だけが先行してしまいあまり意味がないと感じる人もいるのです。
法律も初学者であり経営の知識もあまりない人であればフルコースの行政書士実務講座を選ぶと良いでしょう

経営は一朝一夕で身に付くものではありません
芸能知識を身につけるということを考えれば行政書士講座というよりも経営者講座ということになってしまいます
それを考えれば時間もかかりますし身につける知識の量も膨大になってきます
これまで経営したことがない人であれば基礎から身に付けられる機会として捉えられるはずです
費用として考えてみても元が取れるような金額となるでしょう

行政書士実務講座と現実

現実的なことを考えた場合行政書士の試験勉強をいくらしたとしても経営には繋がっていきません
あくまでも試験勉強なのであって経営の勉強ではないからです
ひとつの事例をターゲットにしていつも講座が行われてる現実を考えてみましょう

行政書士の合格者のほとんどが独立開業し経営者となった時に道に迷っている現実がわかります
独立開業できるということは夢がある話です
サラリーマンとして生活してきた人が試験に受かれば独立できると思って勉強する事もあるでしょう
ある意味では間違いではありませんが資格が経営してくれるわけではありません
あくまでも登録した結果行政書士として名乗れるだけだからです

世の中の行政書士の数は非常に多く競争相手は多数存在します
その中で資格を取ったからといって参戦できるほど双璧は低いものではないのです
さらに受験資格がないという現実の問題も出てきます

誰もが受験できる資格の代わりにそれだけのバックボーンを持たずに受験する人も多いからです
バックボーンが存在しなければ何等特徴のない企業として独立することになるでしょう
この状態で激戦とも言える了解です勝負できるほど甘いものではないのです
こうした人にとって実務講座は何よりも頼りになる存在といえます

実際に開業した行政書士の中庭講座実務講座があったおかげで経営が成り立ったと考えてる人も多いでしょう
利用せずに経営を進めてきた人から見れば必要がないと考えるはずです
全ての人にフィットするような内容の講座なのではなく自分に不足している部分をカバーするために受ける講座です
経営力がなければそこまで含めた実務講座が必要になります
受けられる仕事の幅を広げようと思うのであれば個別に行われている実務講座が適切です

受験前に不安を感じている人もいるはずです
合格したはいいが登録にも費用がかかり独立開業する準備もしなければいけません
それだけの費用を投資したとしても経営として成り立つかどうかは別問題だからです
そうした不安がある人であれば実務講座を利用することによって試験にも集中できるようになるでしょう

実際に教室などに行って受講するだけではなく Web 講座なども出てきました
隙間時間を利用して知識を身に付けることもできますので自分に合った方法を見つけることが大切です

まとめ

行政書士の実務講座は誰にも必要なものというわけではありません
少しでも不安を持っているのであればうまく活用していくべきサービスになっているのです
受験前に受講するだけではなく開業後に必要な講座を受けることもできます
いつもの幅を広げるための機会として考えれば使い道はまた変わってくるでしょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。