行政書士と社労士の難易度比較

行政書士の資格とともに 人気があるのが社労士ことを社会保険労務士です
元々はひとつの資格として運用されてきました
どちらも取得できれば一生使える資格になっているので難易度なども比較して検討していく必要があるでしょう

行政書士からわかれた社労士の難易度

行政書士も社労士も法律を使った仕事が中心となってきます
弁護士のような法律の専門家の一つではありますが、これまで法律を勉強してこなかった人でも目指していくことができる資格です。
仕事をしながらでも十分に目指すことができる内容であり これまで自分が作ってきたキャリアを活かしながら利用していくことができます
どちらかということだけではなくダブルライセンスとしても有効です

社労士は行政書士よりも仕事の範囲が明確です
社会保険などのお手続きを中心とし労働管理の相談なども受けられます
退職金の予測や手続き関しても社労士がサポートすることで円滑に進められるようにしていくのが仕事です

行政書士から分かれて行った社労士はやはり年に一回しか試験がありません
8月下旬の日曜日に試験が行われますが210分という長い時間をかけた試験が特徴です
合格率を見ると3から8%というところが相場です
年に一回しかない試験ですが合格率はかなり低いと言えるでしょう

行政書士の試験の場合は10%前後と考えられます
これだけを見ても社労士の難易度の高さがはっきりとする部分です

元々同じ資格ではありましたが受験資格が異なります
行政書士には学歴などの受験資格がありません
極端な話で行けば目指したいから受験するといったことで勉強も始めて行けます
仕事として登録する場合には条件がいろいろと出てきますが、受験だけは自由にできるのです。

行政書士に比べ社労士は受験資格が存在します。
誰でも受験できるようにはしていたいのです。
知識のある人間が受験するのにも関わらず、3から8%という高確率は、かなり低いものだ 音が分かるでしょう。
行政書士の10%とは比べ物にならないほど低いのです。
難易度という面でも、元は同じでも特化した社労士はかなり難しいと考えなければいけません。

行政書士と社労士の将来性の難易度

行政書士と社労士は。もともと一つの四角だったことからも量も範囲が重複する部分を持っています。
戦後の高度経済成長によって企業数が増え規模の拡大も目指して行ったことにより、社会保険などの業務が煩雑化して言ったことが背景にあります。
専門的な知識が必要となり、1968年に行政書士から分離しました。
家内の歴史があることから、現在では完全に別の資格と考えなければいけません。

将来性ということを考えると社労士は企業があれば仕事はなくならないでしょう
社会保険などの知識は必ず必要になるからです
企業と顧問契約を結ぶことが多く、一度でも有効な関係が気づけたのなら、長いことをパートナーとしてあり続けるでしょう。

行政書士は、現在1万種類を超えると言われる業務内容を誇ります。
以前は街の法律家という呼ばれ方もしていました
どんな仕事をするのかと思われるほど多くの仕事ができる行政書士は様々な修行の業務範囲ともかぶります
他の施行との架け橋をするのも仕事の一つであり書類作成だけが仕事ではありません。
試験勉強に関しても行政書士の将来の仕事に役立つのかと言われればほんの一部にしか過ぎないのです。

将来ということを考えると行政書士も社労士も一部似ている部分があっても仕事の範囲は異なります。
どちらが簡単に仕事ができるのかという難易度では測れない部分を思っているともいえるでしょう
企業の労務管理のスペシャリストである社労士と法令以外にも様々な活躍の場がある行政書士はどちらも将来性を持っています
ダブルライセンスとして考えても労務関係として社労士の資格を活かし書類の作成や提出は行政書士としての資格が活かせるのです

様々なことができるようになりますが、法律関係の資格として難易度を見るとどちらもお客様を確保できるかどうかが分かれ目になります。
どんなに知識があったとしても、活用してくれるお客様を見つけられるかどうかが、将来性のないのに関わる部分です。
営業的なセンスや能力になりますが、これは試験勉強では身に付くものではありません。
これまでの仕事の経験などを生かし、しっかりとした環境を作っていけるかどうかがカギとなるでしょう。
つまり、将来性の難易度としては、視覚よりもこれまでの経験が大きな影響を与えるのです。

行政書士と社労士を同時に勉強していく難易度

元々が同じ資格だったということもあり、試験の内容としても法律的な部分として行政書士と社労士は同じような部分を持ちします。
ただし科目として考えた場合、どちらも共通した部分がありません。
独立していった資格ということで見られる部分ともいえるでしょう。
つまり同時に勉強をしていくということでは、大変高い難易度になってしまいます。

どちらの資格も、法律家の資格として高い知識を要求されます。
法律系国家資格として行政書士は入門レベルだとは言われますが、実際に勉強してみればそんなたやすいものではありません。
その上試験勉強が業務に直結すると言われている社労士の勉強までで行こうとすれば、どちらも実にならず終わってしまう可能性が出てくるのです。

もう一つの問題として受験資格の部分があります。
行政書士は誰でも受験することができますが、社労士は行政書士の資格が受験資格にもなるのです。
これが大きなポイントでもあり、難易度を高めてしまう同時に勉強していく方向性より、まずは行政書士に合格するという選択肢が出てきます。
行政書士の勉強をして、法律の基礎を学び、能力を身につけてから社労士にチャレンジする方が難易度を下げられるのです。
受験資格という問題もクリアできますので、受験する順番も行政書士が先になるでしょう。

受験日の設定というところでも二つは違います。
将来的にダブルライセンスとして考えるのであれば、11月から行政書士の勉強をスタートし、次の年の11月には受験して合格を目指すというのは一般的な選択でしょう。
そこから社労士の試験である8月まで勉強してくというのが最短のルートとなってくるのです。

ただし、勉強する期間は決して長くありません。
社労士の合格率から見る難易度の高さから、相当な準備をしなければ合格までこぎつけられないのです。
その状況の中で受験を考えて音になるので、相当な準備を重ねていく必要があるでしょう。
勉強の時間としても相当必要になりますし、普段の生活を犠牲にする部分も出てきます。
合格の難易度だけではなく、生活に対する難易度まで含めて検討しておかなければいけません。

合格後は、二つの資格を活かしていけます。
どちらも登録しなければいけない部分を保つため、相当な費用が発生することも考えておかなければいけません。
実際に行動するための難易度として大きな障害となってくるので、事前にいくらぐらい必要になるのか検討して行動することも必要なのです。

行政書士と社労士の実務の難易度の違い

行政書士と社労士の実務に関して単純に比較することはできません。
完全に独立した資格でありそれぞれの業務範囲が違います。
労務管理に慣れた人であれば社労士の仕事の難易度はそこまで高くないと感じるでしょう。
しかし公的な書類の作成となれば難易度はまた別のものになるからです。
仕事として別のものになるので全く違う考えの下で難易度を考えなければいけません

社労士の実務の難易度はどういった業務形態をとるのかによって差が生まれてきます。
社労士には開業型と勤務型の二つがあります。
開業型は資格取得とともに独立開業する方法です。
自分で事務所を構え取引先を営業し見つけてくるのが中心で、どのようなコレクションがあるかによって難易度が変わってくるでしょう。
俺は行政書士も同じです。

社労士の大きな特徴になるのが勤務が誰です、
他の資格にはあまり見られない業務形態であり、一般の企業の中において社労士の資格を活かしていくという方向になります。
改行しないため資金繰りなどの問題がありません
あくまでもその会社の中で資格と能力を発揮して行けば済むからです。
自分で営業して仕事を取ってくる必要もなくなります。
その会社の中で起こる労務に関することを仕事としてしてこなしていくからです。

難易度としては、この二つの働き方は全く異なります。
勤務型の場合、就職先があれば難易度としては驚くほどを低くなるでしょう。
業務の難易度としては会社の規模によって違いが生まれてはきますが、自分で仕事を見つけてくることに比較しても難しいとは言えません。
その企業の中で働きながら社労士の資格を取得したのであれば、なおのこと難易度は下がるでしょう。

行政書士には勤務型という方法がありません。
行政書士を名乗るためには独立開業しなければいけないからです。
自分自身で反応の確保しなければいけないことに関するないのは人によっても違いがあるでしょう・
人間関係などもありますし、取引先企業の問題も出てきます。
何よりも営業経験者かどうかというところに難易度差が生まれてくるのです。

飛び込みで営業したことのない人には、知らない企業に自分を売り込むというのは簡単なことではありません。
仮に行政書士と社労士の資格を持っていたとしても、なかなか売り込んでいけるものではないからです。

マチの営業として看板を掲げお客さんが来てくれるのを待つという方法もあるでしょう。
しかし顧客を見つけられるかどうかは宣伝方法などに影響してしまうため、企業経営としては安定するとは言えない方法です。
積極的に打って出られるかどうか。難易度を左右するのはここにあると言えるでしょう・

まとめ

行政書士と社労士は非常に資格です。
元が同じだったこともありますが、ダブルライセンスとしても非常に強力な効力を持ちます。
両方の資格を活かすためには独立開業という道になりますが、自分の周辺環境も踏まえた上で検討することで難易度の壁も乗り越えていくことができるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。