行政書士合格までの勉強期間は?徹底解説!

行政書士に合格するためには長い勉強期間を経て試験を受けることになるでしょう。
広い試験範囲をカバーして勉強していかなければならないからです。
非常に長い期間に及びますが、 試験対策としても科目ごとに効率よく学習してかなければいけません。

行政書士合格までの勉強期間はどれぐらい?

行政書士に合格するまでの勉強時間は、それぞれの状況によって違いがあります。
これまで法律の勉強をしたことがあったり、仕事で法令に関わることをしていると理解は早いでしょう。

大きな問題になるのが、言葉の解釈の壁です。
法律には独特な用語がたくさん存在し、それを覚えるだけでも時間がかかります。
憲法なども解釈の仕方によって意味が異なるものも存在するため、基礎法学の部分で時間がかかるでしょう、
この学習期間をどのように乗り越えるかが合格までに影響してきます。

初めて勉強する人の場合は、かなりの期間を準備として考えた方が合格へ近づけます。
実際に500時間や800時間かかると言われているのが行政書士の試験です。
これらの時間は法律を学んだことがない人が初めてチャレンジする時に必要となる時間の目安になります。
目安ということで人によっても違いが出てきますが、これだけの時間をかけなければ合格へ近づかないことは理解しておく必要があるでしょう。

行政書士の合格にまでかかる時間の目安になるのが、通信教育などで目安にしている時間があります。
各社見解に違いはありますが、大体500時間で設定してるのが多いでしょう。
対象にしている人の属性によって時間は違いますが、これまで合格にかけた平均時間というところで割り出し的な数値といえます。
独学ではなく通信教育を利用してこれだけの時間がかかるというところがポイントです。
行政書士試験の専門家がついて、自分の空いている時間を使って勉強したとしても、これだけの時間がなければ難しいと考えなければいけません。
それだけ行政書士の試験範囲は広く、合格できるレベルの習得にまで時間もう期間もかかるのです。

行政書士試験の勉強期間から逆算

1日3時間勉強したと仮定して、800時間となると、期間として約9ヶ月の月日が必要です。
これだけの時間をかけてやっと合格するレベルになると言えるでしょう。
実際に毎日3時間この期間勉強し続けるのは簡単なことではありません。
それどころかかなり苦難な道になります。

毎日これだけの時間を使える人は、そう簡単にいないはずです。
日常の生活を考えても、仕事や学校に時間を取られますし、睡眠の時間も必要でしょう。
1日2日であれば無理をしている時間を作ることもできますが、一年近くともなればそう簡単にできることではありません。
簡単に3時間と言っても、現実的にはかなり難しいものがあるのです。

行政書士の試験が一年に一回しかないというところからも逆算しなければいけません。
他の資格試験であれば一年のうちに複数回あることもあります。
しかし、行政書士は国家資格として、大量の有資格者を生み出さないという面でも、年一回しかおこなわないのです。

前回というとこから、勉強の時間を考えることができます。
一年に一回しか試験がないのであれば、他の期間は全て勉強に充てることができるでしょう。
試験がないのですから、計画的に1年間と言う期間を使えます。

ここから時間を逆算してみましょう。
1年間は、12ヶ月で365にされた。
3時間勉強すると考えたら、 1095時間も取ることができます。
現実的に毎日勉強するというのは不可能としても、通勤時間などをうまく活用して毎日2時間ずつ勉強するならば、730時間使うことができるのです。

通信教育などの場合、500時間で設定されていることがほとんどです。
1年間365日の期間で逆算した場合、1日1.4時間の勉強時間で達成することができます。
毎日勉強できなかったとしても、一日一時間半程度の勉強時間であればそこまで厳しいものではないはずです。
週に何日かは集中して勉強するとして、勉強できない日ができたとしても、これなら現実的に目指せる数字になるでしょう。

実際に、目標とする数字はいくらでも高く設定できます。
しかし、行政書士試験に合格するためのモチベーションを維持するとなれば、そうそうを多くの時間は費やせません。
休みの日も必要になってくるからです。
こうした逆算から現実的な勉強期間を見つけることも大切になるでしょう。

こうした設定に自分の生活環境を当てはめてみることが必要です。
通勤通学に車を使っている人になると手に書籍を持って勉強することはできません。
もっと落ち着いた時間の中で勉強したいという人もいるはずです。
その場合にはお昼の休み時間を利用したりすることによって、効率的な勉強も目指して行けます。
無理なく勉強時間を設定することも、行政書士試験に合格するためには大切なのです。

行政書士試験の勉強期間はだれでも同じじゃない

行政書士の試験に合格するためには、一定の時間が必要なことは確かです。
ただし、誰もが同じ時間必要というわけではありません。
大学で法律を勉強していた人であれば、履修するための時間を作るだけでも済むでしょう。
履修するだけであれば、500時間もの時間をかけずにも合格できるはずです。

勉強期間は勉強の方法でも変わってきます。
通信教育の設定で500時間です。
これが自分一人の力で勉強する独学となれば、もっと多くの時間を割かなければいけません。
なぜならば、わからなかった時に教えてくれる人はおらず、自分一人の力で全て調べていかなければいけないためもっと期間が必要になります。
合格にまでは800時間という長い期間が必要とされているのも、自分一人の力では壁を乗り越えるのが困難だからです。

法律を初めて勉強する人であれば、資格学校に通ってみるのも方法です。
資格学校では専門の講師がついています。
行政書士の試験に特化している講師もいたりするのです。
これまで多くの生徒を教えてきた実績もあれば、試験に対する各種データも持っています。
どのような対策をしていくことが合格へ近づくのか、資格学校はよく分かっているので、初めて法律を勉強する人でも効率よく勉強期間を設定できるのです。

ただし、自分の開いている時間に勉強したりはできません。
あくまでも学校の講座が開講している時に合わせて通学しなければならないからです。
効率は良くても、生活面から考えると犠牲数時間も増えてきます。

そこで Web 講座を使うような方法も出てきました。
この方法は、 Web 上にあげられた動画を使って学ぶ通信教育の方法の一つで、自分の時間に合わせて見ることができます。
配布されるテキストとともに動画を見れば、実際の講座を受けるのに近いレベルの勉強ができる方法です。
勉強期間として考えれば、自分の空いてる時に効率よく時間が使えるのが大きなポイントになるでしょう。

生活の中で通学する時間を作るようなこともありません。
インターネットの環境がありスマホやパソコンを使えば、誰でも簡単に受講できるようになっているからです。
Web 口座の場合には、自宅だけが勉強の環境をどうなるわけではありません。
フリースポットなどの wi-fi が使える環境であれば、いつでもどこでも講座が受けられます。
時間の使い方として考えても、現代人にあった方法になるでしょう。。

行政書士試験の勉強期間を短く効率的に

行政書士の勉強はいかに効率よく行うかが、期間を短くするポイントになってきます。
勉強期間を短くできれば、それだけ余裕も生まれます。
余裕が生まれればそのぶん必要な時に固執したり直前の試験対策に使ったりも生きるのです。
長い期間ですので、効率よく進めて忘れないようにすることも必要になります。

行政書士には大きく分けて二つの科目から出題されます。
それが法令科目と一般知識です。
法令科目はその名前の通り 法律に関する知識が問われます。
行政書士の試験の中心となることは間違いありません。

法令科目を勉強する場合、日本の法律の数を考えてみなければいけないでしょう。
現在施行されている法律は、1500から2000と言われています。
これらの法律全てが出題対象になるわけではありませんし、覚えることも現実的には不可能に近い話です。
行政書士の場合にはこの中からごく限られた部分の中でも、大きな法令等から出題されるのがポイントです。
それ以外の部分は勉強しないでも問題ありません。

勉強の効率を考える場合、初めて法律の勉強をするのであれば、基礎法学はしっかりと抑えなければいけません。
配点から見るとわずか8点しかない科目です。
範囲は広く効率の悪い科目ではありますが、これからの基礎として勉強しておくと効率が上がります。
あまり深追いする必要はありませんが、初めは押さえておく必要があるのです。

学習範囲が狭く、期間もそれほどかからないのが憲法です。
条文の数が少ないところがポイントで全部で28点とれることを考えると抑えなければいけない科目になるでしょう。
基本となるのは人権の保障は国家統治の仕組みになります。
人権は条文と判例を理解し、国家統治は条文ごと覚えておくといいでしょう。

行政書士の試験問題の中でも配点が高いのが行政法です、
全体の4割にもなる配点が設定されており、最重要科目になるでしょう。
勉強期間として考えても、 大幅に割り振らなければいけません。

民法は非常に広い範囲をカバーしなければいけません。
配点割合の大きい科目ではありますが、実務でも使われる法律としてかなり理解度を求められることが問題です。
事例問題が多くなりますので具体的なイメージも持つようにすると、勉強の効率が上がります。

実際の業務としてよく使われる商法や会社法は、実際には配点が少なく、効率の悪い科目です。
過去に出題された問題が形を変えて出されることが多く、過去問をしっかり押さえておくぐらいがちょうどいいでしょう。

行政書士の勉強の中でも一般知識は対応が難しい分野です。
政治経済社会の科目は、これだけでも膨大な範囲となってしまいます。
どこを勉強するか絞りきれない部分もあるので、普段からニュースや新聞などに目を通しておくことが大切になるでしょう。

情報通信個人情報保護に関する部分は、法律から絞り込むことができます。
法令科目と同様の勉強方法が取れますのでうまく絞り込むと勉強期間も短くできる内容です。

最も問題なのが文章理解です。
行政書士の試験ではありますが、現代文の問題が出てきます。
長文読解など以上に時間がかかる出題となるため、普段から論理的に文章解釈ができるような勉強をすると良いでしょう。
あまり時間をかけられるものでもないので、一週間に一度程度問題を解くぐらいのベースにしなければ、勉強期間の効率を落とす原因になるのです。

まとめ

行政書士の試験の勉強期間は、かなり長くとることになります。
長期間勉強するとなれば、さまざまな負担も生まれてくるのは間違いありません。
モチベーションの問題も出てきますので、効率の良い勉強方法を取りながら、行政書士の試験の合格を目指すのが良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。