伊藤塾の行政書士の公開模擬試験とは?公開模試についてを詳しく解説

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、とても人気のある模試です。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験の人気の理由や、公開模擬試験の内容についてを解説します。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験とは?

伊藤塾には、行政書士本試験に向けて直前に本番同様の模擬試験をシミュレーションできる公開模試を毎年実施しています。それが「伊藤塾の行政書士試験公開模擬試験」です。伊藤塾の行政書士試験公開模擬試験は、中間模試が9月、最終模試は10月に実施されており、この2つの公開模模擬試験を受けることにより、本番でも合格できる力を養うことができます。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、2018年度には全国2,987名と多くの人から支持された実績のある模試です。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、本試験に向けた質の高い新作の予想問題を出題していることが人気の理由の1つです。行政書士の本試験と同じ形式や雰囲気の中で本番同様の試験問題を解くことにより、自分の実力が本試験に向けて万全であるかどうかの確認をすることができます。

このように、実際の試験の雰囲気や緊張感の中で、自分の実力を最大限に発揮できるかどうかが行政書士試験の合否を大きく分けることになります。そのため、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験を受け実際の雰囲気や緊張感に慣れておくことは、行政書士試験合格を目指す方にとっては、とても有益ことであると言えるでしょう。このようなことから、試験のプレッシャーに弱い・緊張する場面ではいつも実力をなかなか発揮することができないという方には、伊藤塾の公開模擬試験はとてもおすすめです。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験の概要

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、年2回9月と10月に実施されています。9月は中間模試で「基礎力」徹底強化&弱点発見を目的としています。10月は最終模試で、本試験問題をズバリ予想&最後の最後の総仕上げとなっています。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、模擬試験が3時間、解説講義(web配信)が4時間で、試験結果の個人成績表・総合成績表は試験後約2週間前後でマイページに公表されます。

伊藤塾の公開模擬試験の実施会場は、在宅もしくは全国の伊藤塾にて受験することが可能です。受験可能な地区は、水道橋、渋谷、高田馬場、御茶ノ水、立川、横浜、名古屋、京都、大阪、仙台、埼玉、静岡、広島、福岡になります。ただし、注意点として、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、中間模試および最終模試ともに受験可能な会場がある地区は変わりませんが「受験会場が異なる場合がある」ため、事前に会場を確認してから申し込むことをおすすめします。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験のクラスは、先着順で定員に達し次第締切となるため、早めに申し込んだ方が良いでしょう。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、中間模試・最終模試は各3,000円、模試パック(中間模試+最終模試)は5,000円になります。また、一部の会場では模試終了後に、伊藤塾講師による30分程度のフォロー講義を実施しています。

もしも、行政書士一発合格を目指す場合には、行政書士試験本番の雰囲気に慣れ、本番でも実力を十分に発揮できることが重要なポイントです。そのため、行政書士の試験本番の雰囲気に慣れるためにも、伊藤塾の行政書士公開模擬試験の模試パックで数多く本番同様の試験体験をしておくことをおすすめします。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験が人気の理由

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験が人気の大きな理由は、模試の試験問題が高確率で的中することや、模試内容の質が高いことです。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、講師とスタッフが全力で試験傾向分析から問題作成・鑑定を行っています。そのため、問題・解説・解説講義にいたるまで、すべてのクオリティが高く、これまでも数多くの合格者や受験生から支持をされてきた実績を持つ模試になります。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験では、1問が20点と配点の大きい「記述式問題」が、実際の行政書士試験にて数多く的中したという、驚異の実績があります。行政書士試験の記述式問題は、択一式問題が1問4点のところ、1問20点とかなりの高配点です。そのため、記述式問題を多く正解することが行政書士試験において合格するための近道であると言えます。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験では、かなりの高確率でこの記述式問題が的中しているため、記述式問題にて点数を稼ぎたい場合には受験しておくと有利です。

さらに、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験後には、講師と合格者による丁寧な添削とアドバイスを受けることができます。この添削とアドバイスを受けることによって、記述式問題の採点のポイントを理解することができ、さらには行政書士試験に向けての今後の具体的な学習方法を組み立てることも可能です。また、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験では、個人成績表にて「1問ごとの正解率」を記載しているため、効率よく復習するためにはどの問題を正解するべきかがひと目で分かります。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験後に配信される解説講義(web)では、受験生がつまづきやすい部分についてのアドバイスから、各問題ごとに正解するための解答プロセスまでを詳しく解説していきます。このような解説講義も追加することにより、従来の「受けるだけの模試」ではなく「活用できる模試」へと変化します。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験では、中間模試・最終模試それぞれ各4時間もの解説講義をwebにて配信しています。

web配信にすることにより、いつでもどこでも隙間時間に自分に必要な部分だけを、復習・学習することが可能です。このように、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、受験後にも手厚いサポートがたくさんあることから、他の模擬試験と比べとても有益であると言えるでしょう。自分の実力を確認すると同時に、不足している知識を補うこともできるため、行政書士試験の一発合格を目指す方は、ぜひ伊藤塾の行政書士の公開模擬試験を活用することをおすすめします。

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験付きの「出題予想フルパック」がおすすめ!

伊藤塾では、行政書士の公開模擬試験がセットになっている「出題予想フルパック」という講座が用意されています。出題予想フルパックは、「試験直前期の最後の総仕上げ」の内容となっており、出題予想!直前総まとめ講義、出題予想!本試験ヤマ当て講義、公開模擬試験(中間模試・最終模試)がパックになった講座です。全15時間の講義に模試が2回(解説講義付き)で、通信講座の場合は37,200円、通学講座の場合は40,100円になります。

他にも、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験がセットになった「合格必勝パック」「合格必勝フルパック」というものもあります。合格必勝パックは、全39時間の講義に模試が2回(解説講義付き)で、通信講座の場合は72,500円、通学講座の場合は79,900円になります。合格必勝パックは、択一式厳選600肢スピードチェック講義、記述式厳選60問スピードチェック講義、一般知識等科目スピードチェック講義、出題予想!直前総まとめ講義、出題予想!本試験直前ヤマ当て講義、公開模擬試験(中間模試・最終模試)がパックになった講座です。

合格必勝フルパックは、全132時間の講義と模試が2回(解説講義付き)で、通信講座の場合は168,000円、通学講座の場合は174,800円になります。合格必勝フルパックは、完全網羅!条文マーキング講義、重要過去問総チェック講義、択一式厳選600肢スピードチェック講義、記述式厳選60問スピードチェック講義、一般知識等科目スピードチェック講義、出題予想!直前総まとめ講義、出題予想!本試験直前ヤマ当て講義、公開模擬試験(中間模試・最終模試)がパックになった講座になります。

合格必勝パックは、今まで自分で学んだ知識をベースに、行政書士本試験で出題される問題や内容を事前に知りたいという方におすすめの講座です。そのため、自分の頭の中を整理するとともに、試験直前の体制を万全に整えることが可能です。合格必勝フルパックは、基礎から試験直前までの知識の整理を行うことができる講座です。そのため、合格必勝パックは行政書士試験の内容すべてを確認しつつ、試験の出題予想される論点の確認を行う行政書士本試験をフルサポートするパックになります。

このように、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験を含んだ講座はいくつかあるため、自分に適した講座を選ぶのが良いでしょう。それぞれ講座により価格も異なるため、内容と価格を比較しながら検討することをおすすめします。また、こちらのパック講座にも、割引制度が適応される場合もあるため、きちんと確認してから申し込むとお得に受講することが可能です。

まとめ

伊藤塾の行政書士の公開模擬試験とは、全国2,987人もの人が選んだ実績のある模試です。伊藤塾の行政書士の公開模擬試験が人気の理由は、公開模擬試験の問題が高確率で的中することや、受験後にも手厚いサポートがたくさんあることです。そのため、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験は、他の「ただ受けるだけの模試」とは違い、「活用できる模試」であることが高い人気を誇る最大の理由です。

行政書士試験に合格するためには、本番でも自分の実力を十分に発揮できることが重要なポイントでもあります。そのため、伊藤塾の行政書士の公開模擬試験のような、実際の試験と同じ条件で先に受験を体験しておくことにより、本試験でも合格点を獲得することが可能になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。