行政書士合格までの勉強時間を紐解く!

行政書士を含め資格試験に合格することを考えると勉強時間がどれくらい必要か気になるところです。
誰もが同じ時間で合格するわけではありませんが、目安になる時間がわかると、自分ができるかどうかの判断もつくようになるでしょう。
どうそれぞれ違いがありますが、行政書士の試験に合格するまでどれぐらい必要になるかを考えてみるのは大切です。

一般的な行政書士合格までの勉強時間

基本となるのは、行政書士の試験が一年に一回しかないというところです。
1年に数回あるのであれば、それに合わせて勉強をしていくこともできるでしょう。
一回逃したところで次の回を狙うという方法も出てくるからです。
ところが、一年に一回となれば、そうのんびりはしていられません。
1回逃すと1年後になってしまうからです。

試験の回数は勉強時間にも大きな影響を与えます。
どんなに効率的に勉強しても、試験は一年に一回しかありません。
そうなると、確実に受験するということを条件に、1年間は勉強する時間が来れるのです。

1年間ということでは、毎日勉強したと仮定しましょう。
仮に1日2時間勉強したとして、365日×2時間とれることになります。
730時間になりますが、あまりピンと来ない時間とも言えるはずです。

実際に、毎日勉強するというのは不可能と言えます。
毎日同じような時間がとれるとも限らないからです。
仕事が遅くなり、帰ったら寝るだけという日も出てくるでしょう。
他の勉強をしなければならず行政書士の試験に勉強時間が当てられない学生の人もいるはずです。
もっと別の用事で、時間が取れないことも出てきますが、これは誰でも当たり前におこります。

そうなると勉強時間はどんどん少なくなってきてしまいます。
もっと集中的に勉強するとして、1日3時間行政書士の勉強をするとして、4日に一度は勉強しない日をくって計算してみましょう。
一年の3/4を勉強するとした場合、9ヶ月を行政書士の勉強に当てる計算です。
単純に1月を30日として、1日3時間で計算すると、月90時間を行政書士の勉強に当てられます。
月90時間×9ヶ月となれば、810時間です。

810時間というだけでも膨大な時間ですが、この辺りが1年間として考えた時に、限界となる勉強時間といえます。
実際に資格学校などが想定してるとされているのが、500時間です。
法律初学者の場合独学で800時間あたりが目安と考えられていますが、一年間をかけて勉強するとなれば、なんとかクリアできる通知になるでしょう。

行政書士の勉強時間はだれもが同じじゃない

行政書士の試験に合格するための勉強時間は、どのような方法をとるのか、これまでどのような勉強をしてきたのかによって違いが出ます。
つまり、誰もが同じ条件ではないのです。
法律初学者として考えた場合、一年間で800時間あたりまでなら、勉強時間を確保できるでしょう。
この時間があれば、行政書士の範囲の勉強は難しくありません。
ですが、 誰もがこの時間を確保できるとは限らないはずです。

例えば、大学で法律を勉強した場合、行政書士の知識のレベルは、3年生あたりで足りると考えられています。
もちろん、専攻している科目によっても違いがありますが、知識のレベルとしては妥当な線です。
法学部卒業と同時に。行政書士の資格取得を目指すというのは、現実的なことだというのが分かります。
勉強時間もさほどをかけないで済むでしょう。

普段から行政書士の実務のような仕事に就いている人も。勉強時間はさほど長く取らずに済むはずです。
なかなかこうした人が多いわけではありませんが、知識を有している人であれば、そこまで苦労する試験ではありません。
伴って勉強時間も短縮できます。

法律初学者の場合にはどうしても勉強時間が必要です。
ただし、学生と社会人とでは使える時間にも差が出てきます。
誰もが同じ時間を用意できるわけではありません。
だからこそ効率的に勉強できる方法を考えなければいけませんし、勉強時間の短縮のためにどのような方法があるのかも知る必要があるでしょう。

行政書士の資格学校で勉強時間を短縮

行政書士の勉強時間を大幅に減らすのであれば、資格学校で学ぶ方法があります。
この方法は、最も効率がいい方法です。
効率が良い理由は、専門の知識を有した講師が付いており、学校にもこれまでの合格実績があるからです。
資格学校に入学するのは、こうしたメリットを利用できるところに意味があります。

資格学校に入学するためには、入学金のほか、授業料やテキスト代などかなりの費用が必要です。
勉強する環境としても揃っていますが、それだけの費用を支払ったため、自分でも結果を出さなければいけないというところが意識の差として現れます。
勉強の効率を高めようと努力もするはずですし、心のどこかに危機感を感じることでしょう。
これが効率の良い勉強にも拍車をかけます。

勉強時間として考えると、資格学校に行って勉強している時間が中心となるはずです。
毎日資格学校に通うということは、行政書士の試験として、現実的にありえません。
毎日講座が開講してるわけではないため、スケジュールに沿って勉強してことになるでしょう。
数時間集中講座を受けたりすることになりますが、非常に内容の濃いものになります。
帰ってから履修は必要ですが独学ほど詰め込んで勉強をせずに済むのが資格学校への通学です。

資格学校に通っていると、行政書士の試験に対するテクニックなども覚えます。
テキストなどでは出てこないような、それぞれの資格学校が持っている知識を活かした方法もあるでしょう。
こうしたテクニックを利用することによって、 合格へ近づけるようになります。
勉強の時間の短縮という面でも、要点を抑えた方法になるので、かなり有効です。
独学では決してわからないようなポイントも数学なら教えてもらうことができます。

資格学校の使っているテキストの間違いもあります。
資格学校では行政書士試験用のテキストも出版していますが、ほとんどのものは一冊にまとめられているはずです。
実際の試験範囲や知識を深めることを考えれば、一冊のテキストでは量はかなりありません。
それに比べ資格学校の口座用のテキストは、各分野ごとに分かれており非常に細かな部分まで抑えられているのです。
内容の濃さも違いますが、合格を目指すために勉強時間を効率的に使えるような工夫もされています。

時間を短縮するという面では、独学で進めながら、試験直前だけ資格学校を利用する方法もあります。
試験対策講座などが開かれているためで、この講座を利用すれば、試験前に効率的な勉強ができるのです。
勉強時間としても、 大幅に効率化できるので、なかなか勉強時間が取れなかった人にも効果的でしょう。
もちろん、費用がかかりますが、かける時間も短縮できる方法です。

勉強時間を縮めて行政書士合格へ

行政書士の試験に合格するためには、勉強時間を縮めることも必要です。
どんなに長く見積もっても1年に1回しか試験はありません。
必ず受験するとなれば、1年以上の時間はないのです。
勉強時間を縮めるのは、効率的に知識を身に付けることにもつながるでしょう。
効率的に知識を身につけるということが、行政書士の試験に合格するためのカギになります。

一年かけて何かを覚えると考えてみましょう。
最初にやったことを一年経った時に完全に覚えておくことは不可能に近い話です。
それも、行政書士の試験に出てくるような法律のことを覚えておけるのであれば、間違いなく合格できます。
しかし、ほとんどの人は日常的に使わない内容をそこまで覚えておくことは難しいはずです。
そこで効率的な勉強が必要になってきます。

勉強時間を縮めるためにも、過去問を利用してきます。
行政書士の試験の場合、過去に出題されたような問題が出されるケースが多々見られるからです。
いくら範囲が広いとはいえ、問題として選びやすいところもあれば選びにくい部分も出てきます。
その中で頻出問題が出てくるのは、当然の結果になるでしょう。

問題は、どこが相当するのかを理解しておくところにあります。
理解するためには、数多くの過去問を解かなければいけません。
過去10年分の過去問を用意し、繰り返しといてくことがスタートになるでしょう。

10年分の過去問を繰り返して解きながら、自分が理解できている部分をはっきりさせます。
何度か繰り返していると、なんとなくではなく、しっかりと理解できている部分が判別できるはずです。
こうした部分は、知識がしっかりと定着しているため、繰り返さずでも理解できてます。
逆に答えが出なかったり、なんとなく正解だったりしたような問題は、知識が定着していないことを意味しているでしょう。
このような苦手な部分を潰していくことで、勉強時間を短縮しながら、効率よく勉強していくことができるのです。

行政書士の試験に限ったことではありませんが、できていることは何度繰り返してもできます。
目をつぶってもわかるようなことも出てくるはずです。
このような分野に関して、改めて勉強時間を取る必要はありません。
これが勉強の効率化として大事なポイントになるでしょう。

注意しなければいけないのは、本当に理解できているかどうかを判断することです。
行政書士の試験の範囲でも、理解度が低く答えられていることも出てきます。
自分に対して正直に判断することが求められるのです。

まとめ

行政書士の試験に合格するための勉強の時間は、どうそれぞれ違いがあっても、とれる限界が出てきます。
効率的に勉強できるようにして、勉強時間をうまくコントロールしていくことが大切です。
長丁場になると忘れてしまうことも出てきますので、苦手なことは繰り返し行い、しっかりと定着するようにていきましょう。
これが合格の大事な条件です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。