勉強方法を工夫して行政書士試験合格へ!

行政書士を目指すのなら試験に合格できるように勉強方法を工夫しなければいけません。
行政書士のは勉強方法は色々とありますがどのような環境なのかによっても違いが出てくるでしょう。
必ず費用も発生しますので、適切な方法をとることが大切です。

一般的な行政書士試験の勉強方法

一般的な行政書士の勉強方法としては独学で進めていくか通信教育や通学など資格学校の知識を利用するのかどちらかになってくるでしょう。
勉強方法の選択として大切なのが、自分がこれまでどのような仕事や勉強をしてきたかということになります。
これまでの人生の背景によっても、持っている知識には大きな差が出てくるでしょう。
勉強方法にも影響してくる部分です。

行政書士は法律系の国家資格として入門のレベルにあるとされています。
しかし、一度も法律を学んだことがない人は簡単に合格できるようなものではありません。
学んだことがないのであれば、それに適した勉強方法をとらなければいけないでしょう。

一度も法律を学んだことがない初学者の場合、法律の基礎的な部分から勉強してかなければいけません。
これは行政書士の範囲ではなくても身につけなければ先に進んでいくことができないのです。
行政書士のテキストなどでも勉強方法として基礎から学ぶことはできるようになっています。
しかし、用語などの壁は高く、乗り越えるどころか理解することすらできない問題もあるでしょう。

特に日常的に使っているような言葉でも法律として考えてみると解釈が異なるものがあります。
よく出てくる問題としては、善意と悪意がありますが一般的に使われてる意味と法律での解釈は異なる部分が出てくるのです。
こうした解釈の違いが初学者にとっては壁となってくるので、勉強方法を考えなければいけません。

特別何も知識がない場合には、近くの専門学校なので基礎的な部分から教わるほうが確実です。
初心者用のコースなども設定されている場合があり、学びやすい環境を作っています。
理解度を高めるための方法も用意されているので、合格も目指してことができるでしょう。

独学で始める場合には、ある程度基礎知識があることが求められます。
初めてテキストを読んだ時、すぐに理解できるような知識は独学で進めるのであれば必要でしょう。
ここでつまずくようであれば、相当な時間をかけるか、勉強方法として独学を諦めた方が間違いありません。

独学での勉強方法でも行政試験に合格できる

行政書士の試験は、独学で合格してる人もたくさんいます。
法律系の国家資格として入門のレベルにあるのは間違いのない事実だからです。

ある程度知識があるのであれば独学で進めても何ら問題はありません。
この場合の勉強方法は、テキストもどんなものでもある程度理解できるでしょう。
問題集など実践的な部分を厚く用意しとけば、合格は難しいものではありません。

しかし、あまり知識がないところからスタートするのであれば、独学の勉強方法は相当念入りに用意しなければ合格までたどり着くことができないでしょう。
理解しやすいテキストを用意するところからスタートするべきです。
絵や表など分かりにくい部分も、工夫をこらされているものであれば、理解を高めるのはさほど難しくありません。
逆に文字だけ並んでいるようなテキストでは、知識がなければ理解しがたいでしょう。

しっかりとカラー分けされていることも、独学で使うテキストとしては大事な条件です。
カラーだけされていることによって、記憶に紐付けすることができます。
大事なところは赤で書かれていたと思えば、色をきっかけに思い出すこともでてくるでしょう。
記憶を紐付けすることは、間接的にも思い出すことができるようになります。
大手資格学校のテキストは、大概カラーは消されていますので一度覗いてみて自分に合うかどうか判断してみると良いでしょう。

勉強方法としては過去問題も必要です。
行政書士の試験の場合、過去問題と本番の試験の関連性の高さが大事なポイントになってきます。
過去問題を繰り返して行っているだけでも、相当な点数の上積みを狙うことができるからです。
頻出問題などもありますし、傾向も見つかるようになるので、過去問題は10年程度用意しておくと良いでしょう。

記述式の試験対策も独学では必要です。
行政書士の試験の鬼門とも言えるべき部分ですが、勉強方法も考えなければ点数が取れなくなってしまいます。
様々なテキストが用意されていますが、中にはページ数を増やすために試験範囲ではないところもカバーしているものがあるのは注意です。
テキストとして明記されていることもありますが、自分で選んでみて範囲に相当するかどうか判断する必要があるでしょう。

行政書士試験勉強方法別費用の試算

行政書士の試験に合格するためには、様々な勉強方法がありますが、必ず費用がかかります。
費用をゼロに抑えて合格できるような内容の試験ではないのです。

一番費用がかからないのは独学です。
独学の場合は、最低限のテキスト、過去問題集などを用意すれば対策ができないわけではありません。
この場合、 かかる費用は1万円以下にすることもできるでしょう。
注意しなければいけないのは、法律は常に改正が伴います。
最新の内容に合わせたものでなければ間違った知識を身に着けるかもしれません。

次に費用を抑えることができるのは通信教育です
通信教育の場合、資格学校や通信教育を専門とする企業と契約を結ぶ形になります。
会社によっても違いがありますが、安い所なら数万円、高いところでは10万円を超えるところも出てきます。
費用が高いから勉強方法として質が高いというわけではなく、自分に合った方法を見つけなければけません。

手厚くカバーしているところであれば、細かな添削からリアルタイムの指導まで色々なメリットを持っています。
最近ではパソコンで動画を見ることも簡単になったため、講義の動画を見ながら学ぶことができる通信教育のコースも出てきました。
こうした通信教育になると、数学ともあまり変わらないようなレベルで行政書士の勉強ができるでしょう。
勉強方法としてもかなり優秀な内容です。

通信教育では、一部通学にできるようなプランもあります。
試験直前の時には、対策講座などを受けるとともに、通学して最終確認をするようなプランです。
費用としては上がってしまいますが、確実に合格を目指したいと言うのであれば有効な方法になるでしょう。

最も費用がかかりやすいのが、資格学校などへ通学する方法です。
専門の講師がおり、これまで資格学校として培ってきた知識や技術を利用して 学べます。
有効性の高い方法ですが、学校に入学するまでに費用がかかりますし、通学する費用も必要です。

分からないことがあればすぐに聞くことができますし、理解度も高めやすい反面、自分の時間に合わせられない勉強方法です。
資格学校のスケジュールに合わせて行動しなければならず、忙しい人にはこの時間を確保するだけでも、大きな問題になるでしょう。
事前にスケジュールは分かりますが、誰でも利用できるとは限りません。

費用も20万を超えるところも珍しくなく、かなり高額になる勉強方法です。
資格学校などでも、この状況を理解しており、分割などの支払いにも対応してるのが一般的です。
合格した後にも費用がかかることを考えれば、行政書士の試験の勉強方法として癌が高いことは間違いありません。

行政書士を目指すならこんな勉強方法がいい

行政書士を目指すのであれば、絶対という勉強方法があるわけではありません。
それぞれ一長一短があり、この人によって向き不向きもあります。

勉強方法として大切なことは、知識の定着を目立たなければいけない点です。
行政書士の試験は、暗記で対応できない部分が数多く占めます。
法令や判例などを覚えることは大切ですが、知識として理解しなければ問題に答えられないようなことも出てくるからです。
逆に行政法のように、暗記してしまうほうが2科目も存在します。
出題も暗記した方が答え暑いので、知識を深めるというよりは丸暗記がベストな勉強方法です。

このように出題科目によって勉強方法を変えてかなければいけません。
同棲書士の試験は範囲が広く、全てを網羅することは不可能です。
その中でできるだけ効率よく勉強する方法を見つけていく事が重要になるでしょう。
時間は無限にあるわけではありませんし、試験は一年に一回しかありません。
このチャンスを逃せば、また長い時間待たなければいけなくなるのです。

おすすめの勉強方法として、いかに効率的にできるか考える必要があります。
効率的という部分では、過去問題を使う方法がありますが、手元に判例が書かれている行政書士試験に対応したミニ六法を置くのも方法です。
最近の行政書士のテキストには、海外対応したミニ六法が付属されています。
これらをうまく使うことによって、わからなかったことも素早く調べることができるでしょう。

1年間かけて勉強する事も出てくる行政書士試験ですので、出来る限り記憶が定着できるようにしなければいけません。
集中して勉強する事も必要ですが、はじめにやったことが試験直前になったら思い出せないことも出てくるでしょう。
様々な問題と 理解してことによって定着してきまし、何かの拍子に紐付けされた記憶として思い出すことも出てきます。

そのためにも、過去問などは最低5回はといておく必要があります。
理解できていることは、本当に理解できているか確認する必要があるでしょう。
理解できていないことは、理解できるまで何度も繰り返してかなければいけません。
段々と理解できていることが増えていけば、やらなければいけない、繰り返さなければいけない問題の数がてってくるのでおすすめの勉強方法です。

まとめ

行政書士の試験は、一般の人から見れば難易度も高い国家試験です。

自分自身に自信がないのであれば、資格学校などを利用する勉強方法がいいでしょう。

覚えていける自信があるのであれば、独学を選択すると費用が抑えられます。
それぞれの背景によっても違いが出てきますので、自分に合った方法を見つけるのが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。