行政書士試験の憲法問題の特徴と学習法を詳しく解説

行政書士試験における憲法問題とは、どのような問題なのでしょうか。行政書士試験の憲法問題の特徴や学習法を詳しく解説します。

行政書士試験の憲法とは?

行政書士試験の問題は、「法令」と「一般知識」に分かれており、憲法は法令に当てはまる問題です。法令には、憲法以外に「行政法」「民法」「商法」「基礎法学」の4つの分野があり、合計で5つの分野から出題されます。行政書士試験では、全60問中の46問が法令から出題されるため、試験合格を目指すためには、おさえておくべきとても重要な問題であると言えます。

行政書士試験にて出題される憲法は、憲法の歴史・特質・基本原理などの「憲法総論」、国民の基本的人権についてを定めた「人権」、国家機関・国家統治についてを定めた「統治」のおもに3つの分野に分けることができます。行政書士試験では、この3つの憲法の分野の中でも、人権についてを扱った問題の範囲が広いことから、重点的に学習をする必要があるでしょう。

また、行政書士試験の憲法問題の統治においては、まんべんなく知識が問われる問題が多いものの、中でも「条文」に関する問題が多く出題される傾向があります。このように、行政書士試験における憲法問題では、それぞれ出題される問題の特徴や傾向があります。そのため、行政書士試験の憲法問題を効率よく学習するためには、まずはどのような特徴や傾向があるのかを理解することが大切です。

憲法は難しい法学の1つですが、行政書士試験における憲法問題は、比較的難易度が低い傾向があります。また、行政書士試験の憲法問題は、毎年出題される傾向がほぼ決まっていることから、学習範囲を絞り込むことが可能です。行政書士試験における憲法9条については、過去の判例が中心に出題されることがほぼ確定していることから、「過去問の演習」がとても有効な学習法になります。

行政書士試験の憲法問題のそれぞれの特徴

行政書士試験における「憲法総論」は、比較的出題の少ないものではあるものの、この分野を理解することによって、憲法問題の全般が解きやすくなります。そのため、行政書士試験において憲法総論自体の問題が直接出ることは少ないですが、よく読み理解しておく必要のある分野であると言えるでしょう。また、行政書士試験では、憲法総論と統治分野を絡めた問題が出題されることもあるので、問題をよく読み内容を理解をしてから、解答をすることを癖付けておくことも大事です。

行政書士試験の「人権」の問題は、すべての判例を覚えるには膨大な量がありすぎるため、効率的な学習方法ではありません。そのため、1つ1つの判例を記憶するのではなく、裁判所が下した「判断の基準」とする考え方を理解することがポイントです。裁判所が下す判断基準を理解することができれば、はじめて見る判例であったとしても、解答をすることが十分に可能です。

そのため、行政書士試験における人権の問題では、裁判所が下す判断基準の考え方や言い回しの違いを理解することが、問題を攻略するためにはもっとも近道であると言えるでしょう。行政書士試験における「統治」の問題に関しても、細かい知識を覚えることは効率的な学習方法ではありません。行政書士試験の統治の問題を解く鍵は、「基本理念を理解すること」です。

なぜなら、行政書士試験で出題される統治の問題は、統治の基本理念についてを問われている内容のものが多いからです。そのため、統治における基本理念や統治機構の仕組みまでを理解することによって、問題に対する解答を導き出すことができるようになります。

行政書士試験の憲法は少ない

行政書士試験で出題される憲法についての問題は、同じ法令の行政法や民法に比べるとあまり多くはありません。しかし、まれに難易度の高い問題が出題されることもあるため、基本的な知識を理解しておくことは必須であると言えるでしょう。また、行政書士試験における憲法の問題は、いくつかのパターンに分かれています。

行政書士試験で出題される憲法の問題パターンは、「有名な判例における違っている点を問う問題」、「有名な判例のあまり知られていない意見についての問題」、「有名ではない判例を題材にした問題」、「国会法などについての知識を問う問題」の4つに分けることができます。この4つのパターンの問題が出題されることが多いものの、すべての事例を暗記するような学習方法はあまり効率的ではありません。

行政書士試験における憲法の問題を攻略するには、まずは基本的な知識を身につけ、それを応用して解答を導き出すことが、もっとも正解率を上げることができる方法です。そのため、行政書士試験の憲法問題の学習をする際には、まずはそれぞれの分野の基本的な知識を身につけることから始めるようにしましょう。

行政書士試験の憲法問題の学習法

行政書士試験の学習を始めるにあたり、初学者が最初に触れる条文は「憲法」です。憲法の条文から基本的な条文の読み方や解釈、判例の内容などを学び始めることになるため、行政書士試験の学習を始めるにあたり、憲法はとても重要な科目であると言えます。また、行政書士試験の憲法の問題は、判例からの出題がほとんどであるため、判例などの長文を読み解く「読解力」が必須になります。

憲法の分野に限らず、行政書士試験では長文の問題が多いため、読解力を持ち合わせていなければ、合格することは難しいと言えます。しかし、憲法の分野の学習にしっかり取り組むことによって、自然と長文問題を読み解く読解力も身につけることが可能です。そのため、長文問題が苦手だと言う人は、まずは行政書士試験の憲法の分野から、学習を始めることをおすすめします。

行政書士試験の憲法問題は、判例から多く出題されますが、すべての判例を覚えることは不可能なので、必要なものだけに絞って学習することが大切です。行政書士試験に出題される可能性がある重要な判例については、ほとんどのテキストに掲載されています。そのため、行政書士試験の憲法問題で学習する必要のある範囲は、「テキストに掲載されている判例だけに絞る」ことで十分であると言えるでしょう。

また、行政書士試験の憲法問題をどこまで深く学習するかは、過去問の解説とテキスト・判例集などを一通り確認し、それぞれで解説されている範囲までを目安にすることをおすすめします。判例を読み解く場合には、「判旨」のみを読むだけでも十分です。それと同時に、テキストや判例集などで不足している情報を補うことが、行政書士試験における憲法問題のもっとも効率的な学習方法になります。

行政書士試験では、憲法だけに限らずすべてにおいて、判例の理解が重要な鍵となります。しかし、行政書士試験の初学者である場合には、法律や憲法などわからないことだらけで、どのように学習を進めたら良いか戸惑う人も多いことでしょう。また、行政書士試験の問題は長文であるため、日頃文章を読み慣れていない人にとっては、問題を読解することすら難しい場合もあります。

このような人の場合には、まずは「判例の読み方のコツ」を覚えることが大切です。判例の読み方のコツは、「結論」「結論に至る理由」「結論と反対の理由」「根拠となる条文」の4つの点に注目しながら読み進めることです。判例の中には普段目にしないような難しい言葉が多いため、まずは結論がどんなものであるかを確認し、その結論に至る理由と反対の意見を意識しながら読み進めることが重要です。また、それと同時に「根拠となる条文」もチェックするようにしましょう。

これらを意識し注目しながら読み進めることによって、判例の内容を理解しやすくなります。ただし、長文を読み解く読解力があまりない人の場合には、最初からこれらに注目して読み進めることは難しいため、まずは問題文を読む練習から始めることをおすすめします。問題を読むことに慣れるうちに、自然と読解力や理解力も向上していきます。

行政書士試験の憲法問題は過去問演習がコツ

行政書士試験を合格するためには、「問題を正確に読み解き、いかに得点を稼ぐことができるか」がもっとも重要です。行政書士試験の問題は、重要な論点が繰り返し出題される傾向があるため、過去問演習を行うことは試験においての得点にも直結します。とくに、行政書士試験の憲法問題では、過去問で出題された判例が繰り返し出題されています。そのため、行政書士試験の憲法問題は、学習範囲を比較的簡単に絞ることが可能です。

行政書士試験の憲法問題は、過去問にそって学習するだけで、十分な学力を蓄えることができます。ただし、まったく同じ過去問が出るとは限らず、内容が少し変わって出題されることもあるため、過去問を丸暗記するといった学習法は最適ではありません。あくまでも、過去問演習を行う際には、内容を理解することが大切です。

まとめ

行政書士試験は、「法令」と「一般知識」の2つの科目に分かれており、憲法問題は法令の中の1つになります。行政書士試験では、全60問中の46問が法令から出題されるため、とても重要な科目であると言えます。ただし、行政書士試験において憲法問題は、行政法や民法に比べると、出題される数は多くありません。しかし、行政書士試験の学習の中で、一番はじめに条例に触れるのは憲法問題です。

そのため、憲法問題を学習することにより、行政書士試験の他の分野や科目の学習の向上にも繋がります。また、行政書士試験の憲法問題は、長文で難解なものが多いことから、憲法問題を解くことに慣れることによって、行政書士試験全体の問題を解く力も身につけることができます。このようなことから、行政書士試験の憲法問題は、一番はじめに取り組むことによって、全体の学習も効率良く進めることができるようになります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。