行政書士に最短で合格するためには?独学での勉強方法を詳しく解説!

行政書士は難易度が高い国家資格であるため、勉強時間が多く必要であると言われています。しかし、行政書士は、じつは独学でも最短で合格することができます。行政書士に最短で合格するためのコツや、勉強方法を詳しく解説します。

行政書士に最短で合格するためには?

行政書士に合格するために必要な勉強時間は、一般的におよそ600時間と言われています。しかし、600時間に達するには、1日2時間ほどを勉強時間に充てたとして、10ヶ月〜1年弱はかかってしまいます。また、働きながら行政書士の資格勉強をするとなると、なかなか勉強時間を確保することが難しい人も多いのではないでしょうか。このようなことから、行政書士に最短で合格したいと思う人も多いはずです。

また、行政書士に最短で合格したい場合には、通信講座や資格学校などに通う方が、おそらく独学よりも効率よく勉強することができるでしょう。しかし、行政書士の通信講座や資格学校は、高額な費用がかかってしまうことや、自分の日々のスケジュールでは都合がつかないといった場合も多くあります。そのため、行政書士に独学かつ、最短で合格をしたいと思っている人はとても多いのではないでしょうか。

じつは行政書士は、独学でも最短で合格することは可能です。現に、行政書士に1ヶ月半〜3ヶ月程度の勉強時間で合格することができたという人が、存在するからです。では、なぜ通常600時間もの勉強時間が必要であると言われている行政書士に、独学かつ最短で合格することができたのでしょうか?その理由は、「行政書士に最短合格するためにはコツがあり、そのコツをおさえた効率の良い勉強方法で取り組んだ」からです。

行政書士に最短で合格するためのコツ

行政書士に最短で合格するためのコツは、いくつかあります。行政書士に最短で合格するためのコツとしては、「過去問に注力する」ことです。なぜなら、行政書士試験の対策をする上で、過去問とは非常に重要なものであるからです。行政書士試験のような資格試験とは、他者と能力を競い合う受験のようなスタイルとは異なり、「資格取得後の仕事をする上で必要な知識や能力が問われる試験」です。

そのため、行政書士のような資格試験においては、業務を行う上で必要な知識や考え方を問うような問題がおもに出題されるようになっています。このようなことから、行政書士試験においても、過去に出題された問題を分析することによって、頻出問題を見極めることができ、結果的に試験対策を行うことができるため、最短で合格することへとつながるのです。

また、行政書士に最短で合格するためには、「法律の基礎を理解する」こともコツの1つです。行政書士は、多くの法律に関する知識を必要とします。このような法律には、さまざまな事例があるものの、じつは法律の基礎となる考え方はどれも同じです。そのため、すべての法律の事例を覚えようとするよりも、どの法律にも通ずる「考え方の基礎」を学んだ方が、より効率よく問題を解くことができるようになります。

さらに、法律は時代とともに「法改正」を繰り返します。法律は、そのときどきの社会のニーズであったり、政策なども反映されることから、ほぼ毎年のように改正されています。そのため、行政書士試験では、この法改正についてを問われる問題も多く出題されるため、法改正対策もきちんと行うことが、最短で合格するために必要なコツであると言えるでしょう。このようなことから、行政書士に最短で合格するためには、過去問の勉強だけに偏らず、きちんと法改正対策にも力を入れることが重要です。

また、行政書士に最短で合格するためには、「勉強範囲を絞る」ことが最大のコツになります。なぜなら、行政書士の試験範囲はかなり広範囲となっているため、すべてを理解しようとしてしまうと、膨大な時間を浪費することになってしまうからです。行政書士に最短で合格したいと思っている人は、おそらく時間が限られている人がほとんどなはずです。そのため、このような勉強方法で取り組んでしまうと、試験日までに必要な知識を身につけることができなくなってしまうおそれがあります。

このようなことから、行政書士に最短で合格するためには、「合格に必要最低限の知識や能力を身につけることだけに勉強範囲を絞る」ことがもっとも重要かつ最大のコツであると言えるでしょう。また、もっとも重要な問題形式の「記述式問題」の勉強は、手を抜かずにできるようになるまで繰り返し解くことをおすすめします。なぜなら、記述式問題は行政書士試験において3問のみの出題ですが、1問20点(択一式問題15問分)と配点がかなり高い問題であるからです。

行政書士試験は300点満点であるため、そのうちの60点を占める記述式問題は問題形式としてはもっともウエイトの高いものになります。また、行政書士試験の合格点は180点であるため、記述式問題で点を稼ぐことができれば、より合格へと近づくことが可能になります。このようなことから、行政書士に最短で合格するためには、「記述式問題の対策を十分に行う」ことも重要なコツであると言えます。

行政書士に最短で合格するための勉強方法

行政書士に最短で合格するためには、勉強方法を工夫することは必須であると言えます。行政書士試験では、法律に関する知識が幅広く必要となるため、まずは最低限必要な法律知識を「暗記」することが重要です。そのため、行政書士に最短で合格するためには、「行政法(行政不服審査法)」「行政法(地方自治法)」「行政法(行政手続法)」「商法」「基礎法学」「一般知識(個人情報保護)」の6科目については、「すべて暗記する」といった勉強方法が有効になります。

また、暗記学習(人間の脳に記憶をさせる方法)としては、「暗記したい部分を何度も繰り返し勉強をする」ことが、もっとも効果的な方法です。そのため、これらの暗記科目については、最低3回は繰り返し学習することをおすすめします。また、3回繰り返し行った場合に、覚えが悪い科目・部分に関しては、時間の許す限り暗記できるまで繰り返し行うようにしましょう。

行政書士の試験科目は、じつは同じような内容であるものが多くあります。そのため、似た内容である法律の科目同士は、同じタイミングで学習を行った方が勉強効率が良いと言えます。たとえば、「行政不服審査法」と「行政手続法」には、かなり似通った部分が多くあります。このような科目の場合には、同時に学習を行うようにすると、暗記するペースが早まるのでおすすめです。

そして、行政書士に最短で合格するためにもっとも重要な勉強方法とは、やはり「過去問を繰り返し解く」ことでしょう。なぜなら、行政書士試験では、過去問と似た問題が出題されることが多いからです。行政書士試験の過去問を繰り返し解くことにより、過去問の頻出問題の傾向を掴むことができ、問題に対する対策を取ることができるようになります。行政書士試験においては、「過去の焼き増し問題」が多く出される傾向があるので、頻出問題を意識しながら解き進めることをおすすめします。

行政書士に最短で合格するためには「基本を徹底的に理解する」こと!

行政書士試験の問題は、基本事項の「応用」であることがほとんどです。一見難解そうに見える問題でも、じつは基本的な考え方を理解していれば、解けるものばかりになっています。そのため、行政書士に最短で合格するためには、法律の基礎や考え方などの「基本を徹底的に理解する」ことが重要になります。行政書士試験に限らず、さまざまな試験において問題とは、ほぼ「基本となるものの応用」です。

難しい内容に見せかけて、基本的なことを理解していれば、必ず解けるようになっています。このようなことから、行政書士試験においても、基本を徹底的に理解していれば、ほとんどの問題は解けるようになるはずです。ただし、どんな試験でも、その状況において冷静に考える力がなければ、いくら基礎や基本ができていても、実力を発揮することはできません。そのため、もしも一通り納得いくまで勉強をし終えたと思った場合には、一度試験と同じ状況で「模擬試験」を行ってみることをおすすめします。

模擬試験を行うことにより、自分が実際の試験において、どれだけの実力を出せるかというシミュレーションを行うことができます。自分では十分に理解し、知識も身についていると思っていても、試験本番で問題を解くことができなければ、何の意味もありません。このようなことにならないためにも、行政書士に最短で合格するためには、一度勉強をし終えたと思ったタイミングで、模擬試験をシミュレーションしておくことをおすすめします。

まとめ

行政書士に最短で合格するには、いくつかのコツがあります。行政書士に最短で合格するためのコツとは、「最短で合格に必要な知識を身につけるために勉強方法を工夫すること」であると言えるでしょう。また、行政書士に最短で合格するための勉強方法としては、「似たものは同じタイミングで学習すること」「暗記科目は一通り覚えること」「過去問を繰り返し解くこと」です。

そして、行政書士試験の問題は、「基本の応用」であることがほとんどです。また、行政書士試験の問題は、過去問の焼き増しが多く出題される傾向があります。そのため、行政書士試験の問題は、法律の基本的な考え方を理解していれば、解けるものばかりです。このようなことから、行政書士に最短で合格するためには、「基本を徹底的に理解する」ことが重要であると言えるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。