行政書士試験の合格に必要な勉強時間は?解説

行政書士試験は、難易度が高い国家資格であるため、合格するには多くの勉強時間が必要であると言われています。行政書士試験の合格に必要な勉強時間とは、いったいどれくらいなのでしょうか。

行政書士試験の合格に必要な勉強時間は?

行政書士試験は、法律系の国家資格であるため、合格するためには多くの勉強時間を必要とします。しかし、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、すべての人に一律で算出することは不可能であると言えるでしょう。なぜなら、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、「法律の知識がある」場合と「まったく無い」といった場合とで、大きく変わってくるからです。

また、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、法律の知識がある場合においても、どの程度の知識量であるかによっても、必要な勉強時間は変わってきます。そのため、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、どれが「正解」とは、いちがいには言えないでしょう。このような、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、正確に算出することは難しいものの、「目安」となる時間を設定することは可能です。

また、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、大手の通信講座において平均目安は500〜600時間ほどであり、大手の資格スクールにおいては200〜300時間ほどに設定されていることが多いです。そのため、初学者で行政書士スクール等を利用して勉強をする場合には、600時間以上の勉強時間は、確実に必要であると言えるでしょう。

行政書士試験の合格に必要な勉強時間(独学かつ初学者)

行政書士試験の勉強が初めてかつ独学で進めるという場合には、およそ900時間の勉強時間が必要であると言われています。なぜなら、通信講座などで言われている600時間とは、きちんとしたカリキュラムが組まれての勉強時間であるため、行政書士試験の勉強が初めてかつ独学という場合には、あきらかにこの勉強時間では合格に必要な知識を身につけることができないからです。

行政書士試験の勉強が初めてで、独学で進めるという場合には、自分で学習プランを立て、試験期日に間に合うように勉強を進めなければいけません。そのため、通信講座やスクールで学習を進めるよりも、多くの勉強時間が必要になります。もしも、行政書士試験の勉強が初めてかつ独学で進めるという場合には、合格に必要な勉強時間は大目に見て900〜1,000時間ほどであると考えておいた方が良いでしょう。

行政書士試験の合格に必要な勉強時間・法律経験者

過去に公務員試験を経験したことがある人や宅地建物取引士の合格者、資格試験の経験はなくとも法学部などで法律を学んだことがある人の場合には、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、およそ600時間ほどになります。このように、過去に法律についてを学んだ経験があり、ある程度の知識があるという人の場合には、すでに行政書士試験の基礎知識を学んでいるため、初学者よりも大幅に時間を短縮することができます。

また、法律の知識がすでに身についている人の場合は、行政書士試験の過去問や対策などの学習に集中し進めるだけで良いため、学習プランやスケジュールもシンプルに立てることができます。そのため、法律経験者は、行政書士試験の勉強内容だけでなく、学習プランの設計など、すべてにおいて初学者よりも勉強時間を削ることが可能です。このようなことから、過去に法律についてを学んだ経験がある人の場合には、行政書士試験の合格に必要な勉強時間は、初学者よりも300時間ほど短縮することができます。

行政書士試験の勉強時間から割出す勉強期間は?

行政書士試験の合格に必要な勉強時間の目安は、初学者の場合には900〜1,000時間、法律経験者の場合には600時間ほどになります。これらの勉強時間から、1日3時間ほど学習時間に割り当てるとした場合、行政書士試験までに必要な勉強期間は、初学者ではおよそ10〜11ヶ月、法律経験者ではおよそ6〜7ヶ月ほどになります。そのため、行政書士試験の合格に必要な勉強期間は、初学者の場合には11ヶ月ほど、法律経験者の場合には7ヶ月ほどを目安にしておくと良いでしょう。

しかし、この勉強期間は、あくまでも「1日3時間毎日勉強時間に充てた場合」の換算です。社会人で日々働いている人の場合には、毎日3時間もの勉強時間を確保することは、難しい人も多いのではないでしょうか。そのため、行政書士試験に合格するための勉強期間は、自分で確保できる1日の勉強時間をおおまかに計算し、自分に当てはまるタイプの合格に必要な勉強時間から割出すようにしましょう。

また、行政書士試験の合格に必要な勉強時間から期間を算出しても、そのとおりに学習時間を確保できるとは限りません。そのため、行政書士試験の合格に必要な自分に合った勉強期間を割り出したのちに、それよりも勉強期間をなるべく多めに見積もって計画を立てることをおすすめします。なぜなら、余裕を持って試験当日までの勉強スケジュールを立てることにより、なんらかの理由で予定がずれてしまっても、スムーズに計画を修正することができるからです。

行政書士試験の合格に必要な勉強時間を最短にするには?

行政書士試験は、難易度が高く、試験範囲も広いため、勉強時間を多く必要とします。そのため、効率良く勉強を進めなければ、多めに勉強期間を見積もっていても、勉強時間が不足してしまうおそれもあります。このようなことにならないためにも、行政書士試験の勉強法は、最短で必要な知識を学べるような工夫をする必要があります。行政書士試験の勉強時間を最短にするためのコツは、「勉強計画をしっかりと立てる」ことです。

行政書士試験の勉強計画を立てるには、「いつまでに、どの順番で学習を行うか」を最初に決めることが重要になります。このような計画を立てずに勉強を進めてしまうと、行政書士試験の合格に必要な知識をスムーズに身につけることができず、何度も計画の修正を行ったり、同じ勉強をし直さなくてはいけなくなってしまう可能性があるからです。そのため、あらかじめ順序立てて勉強計画をしっかりと立てておくことが、行政書士試験の合格に必要な勉強時間を短縮することに繋がります。

また、行政書士試験において、民法や行政法の科目は、「暗記」することがもっとも最短の学習法であると言えます。ただし、やみくもにすべてを暗記するのではなく、行政書士試験に頻出する問題で重要な条例にのみ絞り、暗記をすることが勉強時間を短縮するポイントになります。このような暗記の勉強法としては、何度もインプットを繰り返すことが、知識を安定させるために重要です。そのため、暗記ができたと思っても一定期間過ぎたあとに、忘れていないかの確認のためにも復習を行うことが、効率良くインプットするためには必要になります。

行政書士試験では、民法と行政法が配点の65%を占めていることから、この2科目についてはしっかりと勉強時間をかけることが対策であり、最短の勉強法であると言えます。その反対に、行政書士試験においては、商法など一般知識は配点が低い科目であるため、もしも勉強時間が不足しそうな場合には、この科目については「捨てる」という方法もあります。行政書士試験に合格するためには、まずは民法と行政法についての知識をしっかりと身につけておくことが最優先であると覚えておきましょう。

また、行政書士試験の合格に必要な勉強時間を最短にするためには、過去問の分析をすることが大事です。行政書士試験は、試験範囲が広く、すべての範囲を勉強するには、膨大な時間を費やさなければなりません。しかし、行政書士試験の合格基準点を満たすだけであれば、すべての試験範囲を網羅する必要はありません。あくまでも、行政書士試験の合格基準点を満たすだけの勉強をすれば良いのです。そのため、行政書士試験の勉強時間を短縮したいのであれば、出題される問題を予測し、その部分に注力した勉強をすることが大切になります。

行政書士試験に出題される問題を予測するには、過去問を繰り返し解いて、どのような問題が頻出されているのかを分析することが必要です。過去問を繰り返し解き、頻出問題の傾向を分析することができたら、それらの問題を中心に勉強を進めていきましょう。行政書士試験の過去問を分析するポイントとしては、まずは問題を種類ごとに分け、それぞれに頻出する問題をまとめていくといった方法が有効です。

まとめ

行政書士試験は、一般的には600〜900時間の勉強時間が必要であると言われています。しかし、この勉強時間は、行政書士試験が初学者である場合と、法律の知識がすでにある人とでは、必要な勉強時間が大きく異なります。行政書士試験が初学者である場合には、法律の勉強自体が初めてであることから、まずは法律の基礎知識を身につけなければいけないからです。

そのため、行政書士試験・法律についての勉強が初めてである人の場合には、必要な勉強時間は多めに見積もっておくことが重要になります。このようなことから、行政書士試験が初学者である場合はおよそ1,000時間ほど、法律の知識がある人の場合にはおよそ600時間ほどが、合格に必要な勉強時間の目安であると考えておくことをおすすめします。

また、行政書士試験の合格に必要な勉強時間を最短にしたい場合には、民法と行政法に勉強時間を注力することが有効です。行政書士試験においては、民法と行政法が配点の65%を占めているため、合格基準点にのみ到達すれば良いという場合においては、この2科目を重点的に勉強することにより、合格に必要な勉強時間を短縮することができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。