アガルートの行政書士講座とは?費用や合格率まで解説!

アガルートの行政書士講座を受講する前には、特徴や費用、合格率などは知っておきたい内容ですよね。そこで今回は、アガルートの行政書士講座について紹介していきたいと思います。そもそも行政書士とはどういったものなのかも紹介しますので、ぜひ押さえておきましょう!

 アガルートの講座を知る前に「行政書士」ってどんな資格?

行政書士は、1951年に成立した「行政書士法」により誕生した国家資格です。行政書士は、国民にもっとも身近な街の法律家とも言われます。

行政書士の仕事内容としては、行政に関する書類や、法律的な権利義務・事実の証明に関する様々な書類の作成や手続を、企業や個人に代わって行ったり、手続に関するアドバイスを行ったりするのが主な仕事です。

行政書士になると、権利義務に関する書類や事実証明に関する書類など書類作成、手続代理、相談業務といった仕事をします。

相談業務では、具体的に遺言・相続や契約書、内容証明や市民法務などの暮らしに関する相談、法人関連手続や中小企業支援、中小企業支援や許認可申請などビジネスに関する相談を受けることになります。

行政書士の仕事の魅力としては、難しい手続や書類作成のサポートを通じ、縁の下の力持ちとして、依頼者の問題解決や夢の実現のお手伝いができるということが挙げられます。また、仕事の幅がとても広く、様々な仕事を経験できるということも、好奇心が強い人や何でもやってみたいという積極的な人にとっては大きな魅力です。

このように、行政書士の仕事は多種多様です。しかしながら、税理士=税金、司法書士=登記というように、行政書士には「これ!」という専門業務がないため、資格試験に合格してもなかなかその資格を活かしきれていない方も多くなっています。

ですので、行政書士の資格を活かすためにも、行政書士としての働き方は、どのようなものがあるのか、そして、行政書士ってどのくらい働いているのか、などを事前に知っておきましょう。

行政書士としての働き方

個人開業
行政書士の働き方で一番多いのが、個人で独立開業するというパターンです。行政書士の試験に合格すると、事務所を構える都道府県の行政書士会に登録手続をすれば、すぐに開業することができます。その前に、他の行政書士事務所の補助者などで実務経験を積んだ後に、独立開業する人もいます。

ただ、個人開業は稼げる行政書士と稼げない行政書士の二極化が進んでおり、年収1000万円を得ている人がいる一方、大半の行政書士は年収500万円に満たず、食べていくのがやっとという人も珍しくありません。ハイリスクハイリターンの形になっています。

正社員の行政書士
行政書士事務所は少人数で運営しているところが大半です。また、複数名の正社員を雇うだけの経済的余力に乏しいケースが実は多いので、行政書士の正社員は求人数自体が少ないという点が特徴的です。

もし正社員として採用された場合でも、行政書士は業界全体としてそこまで残業がかさむことは少ないので、家庭生活と両立しやすいでしょう。月給は、実務未経験者の場合でも月給20万円~25万円前後が相場のようです。ある程度の実務スキルがあり、単独で案件をこなせるようになれば、月給30万円や40万円を得ることも十分に可能ですのでとても魅力的ではあります。

行政書士試験の概要

実際の行政書士試験の概要を下に記載しておきます。

試験名行政書士試験
試験区分国家資格
主催団体財団法人 行政書士試験研究センター
受験資格年齢、性別、学歴等関係なく、誰でも受験することが可能
試験内容法令等5科目+一般知識等1科目
問題数60問
解答形式マークシート等による択一式と自ら記入する記述式
合格率7~10%前後
検定料7,000円

 アガルートの行政書士講座とは?

アガルートは、2015年1月に開講された、比較的新しいオンライン予備校です。そんなアガルートの行政書士講座はどんなものなのでしょうか?紹介していきます。

アガルート行政書士講座の特徴

アガルートの行政書士講座の最大の特徴は、受講料全額返金が可能になるという点です。アガルートでは、資格に合格すれば、受講料が「全額返金」される合格得点がついています。受講料が「全額返金」される上に、合格お祝い金として3万円もらえるんです。

ただ、以下の条件をクリアした方のみの特典になります。
・合否通知書データの提出
・合格体験記の提出
・合格者インタビューの出演

つまり、顔写真とか名前が出るのが、OKかどうかで特典がもらえるかどうかが決まるようですね。しかしながら、条件があまり厳しくないため、とてもお得になっています。

勉強面で言うと、アガルートの行政書士講座はとても勉強のしやすいものとなっています。理由としましては、経験豊富な講師が作成した講座オリジナルテキストがフルカラーであるという点です。フルカラーですので、どこが大事なポイントかと言うのが一目でわかります。また、図表も適材適所でうまく使われているため、とてもわかりやすくなっています。

アガルート行政書士講座の形式

アガルートは通信講座ということで、PCでもスマホでもWEB講義をいつでもどこでも受講することができるようになっています。講義内容は他の通信講座と比較してもわかりやすく、充実した解説がされています。

WEB講義ですので、再生速度が変更できたり繰り返し見ることができたりするため、あなたのペースにあった勉強ができます。講義動画は、背景にテキストを大きく映した状態で、講師が適宜重要ポイントを記入して解説してくれます。そのため移動時間などのテキストが確認できない状況でも問題なく勉強することができます。

どういった人に向いている?

実際にアガルートの行政書士講座はどういった人に向いてるのでしょうか。

・仕事や学校が忙しいので通信講座が良い方
まず仕事や学校が忙しいので通信講座が良いという方です。アガルートの行政書士講座は通信講座ですので、通学講座だとなかなか通うことができないといった忙しい方におすすめです。アガルートの行政書士講座ですと、仕事や学校の移動時間にも勉強することができますので、隙間時間を活用したい方などにも向いています。

・テキストは馴染みのある紙派
アガルートの行政書士講座のテキストはフルカラーの講座オリジナルテキストで、紙媒体です。最近では電子書籍も多いですが、電子書籍だと苦手という方にはおすすめです。

・理解力がないので基礎講義に時間を取りたい方
アガルートの行政書士講座はWEB講義です。そのため、再生速度が変更できたり繰り返し見ることができたりします。通学講義で皆のペースだと早くてなかなかついていくのが難しいという方に向いています。

・カリキュラムはある程度決められていたほうがいい方
アガルートの行政書士講座だと、ある程度のカリキュラムは決めてくれます。ですので、どう勉強を進めればいいのかわからない方などにもおすすめです。

・お金をかけずに講義を受けたい方
アガルートの行政書士講座は、費用としては高額となっていますが、合格すれば全額返金の特典がついています。ですので、出来るだけお金をかけずに合格したい方にもおすすめです。

 アガルートの行政書士講座の費用

アガルート行政書士講座の講座費用は、合格に必要な対策が一通り揃った初学者向けコースでもある入門総合カリキュラムは228,000円、学習経験者向けのコースでもある演習総合カリキュラムは258,000円となっています。

演習総合カリキュラムと同じくらいの内容で、他の大手予備校を見てみると、TACが259,000円、大原で189,000円、LECで229,540円となっています。見てわかるように、アガルートの通信講座は大手予備校に比べても高額になっています。ただ、アガルートは時期によってキャンペーンを実施していますので、時期によってはもっと安い料金で受講することもできます。

また、特典で全額返金の特典もなかにはありますので、それらを利用すると他の大手予備校よりお得に受講することができるかもしれません。

アガルートの行政書士講座の合格率

アガルート行政書士講座は、合格率が高いことでも有名です。

そもそも、行政書士の資格試験での合格率は全国平均で11.5%となっています。それに比べてアガルート行政書士講座平成30年度の合格率は、72.7%という驚異的な数字です。これは、全国平均のおよそ6.32倍です。

ただ、これは基本講座受講生の合否アンケートの集計結果となりますので、必ずしも全受講生の集計結果ではありません。しかしながらアンケート配布による合格率の算出は非常に一般的な方法であり、信憑性に大きな問題はありません。

アガルート行政書士講座はずば抜けた合格特典もついているため、受講生は合格に自信のある学習経験者の方や法学部出身の方が多くなる可能性も否定できません。

ですのでただ鵜呑みにするのではなく、一応参考にはしてみて、もし受講する際は一度しっかり他の予備校も調べてから受講してくださいね。

 まとめ 

今回は、アガルートの行政書士講座の特徴や費用、合格率について紹介してきました。

アガルートの行政書士講座にはとても魅力的な特典がついている上、驚異的な合格率に驚かされましたね。ただ、こちらはあくまで参考です。合格率も参考にした上で一度資料請求をしてみるといいでしょう。

また今回は、そもそも行政書士の資格はどういったものなのか?という点も紹介してきましたが理解していただけましたでしょうか?多種多様な仕事をこなす行政書士ですが、せっかく資格を取得しても活かせれていない方も多くいます。せっかく取得するのに生かせられなければもったいないですよね。ですので、働き方などについては受験する前にしっかり調べておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。