ユーキャンの行政書士講座は初学者におすすめ!

行政書士は、受験資格が必要ないことから、多くの人が受験する国家資格です。行政書士の資格勉強は、独学でも可能ですが時間が必要になるため、通信講座を受講する人が多いと言われています。行政書士講座の中でも人気の高い「ユーキャンの行政書士講座」についてを詳しく解説します。

ユーキャンの行政書士講座が初学者におすすめの理由

ユーキャンの行政書士講座は、81%もの人が初学者であり、過去9年間で2,831名もの合格者を輩出しています。ユーキャンの行政書士講座は、手頃な価格かつ豊富な教材、スマホやPCでも学習が可能であるため、忙しい現代人に最適な通信講座です。行政書士は受験資格がなく、誰でも受けることが可能です。そのため、初心者で行政書士を目指す人も多いことから、初学者向けの通信講座が人気が高い傾向があります。

ただし、行政書士は、独学で勉強し合格を目指す場合には、およそ1000時間も必要であると言われており、難関な国家試験の1つでもあります。このような理由から、行政書士の勉強法は、独学よりもポイントを絞って効率よく学習できる通信講座を利用することが多いです。その中でも、ユーキャンの行政書士講座は、わかりやすく手厚いサポートも多いことから、とても人気のある通信講座になります。

また、ユーキャンの行政書士講座は、受講する前に自分にその講座が向いているかをチェックすることができる「相性診断」をHP上で診断することができます。ユーキャンの行政書士講座の相性診断チェックでは、「相性が80%以上」であれば受講に向いているため、安心して受講することを推奨しています。相性が80%以下の場合には、受講には向いていないため、他の資格取得を目指した方が良いでしょう。

このように、ユーキャンの行政書士講座のHPでは、受講者のためを考えた解説などがたくさん掲載されています。まずは自分に合った資格かどうかを確認するためにも、ユーキャンのHPにて一度詳細を確認してみることをおすすめします。

ユーキャンの行政書士講座の特徴

ユーキャンの行政書士講座には、勉強に役立つツールやサポート講師が豊富に在籍していること、専用スケジュールで学習を進行することができるなど、初学者に嬉しいサービスが充実しているのが特徴です。ユーキャンの行政書士講座は、学習中にわからないことをメールや郵送にていつでも質問をすることが可能です。全部で8回の添削指導もあるため、講師からの的確なアドバイスや励ましなど、1人では維持が難しいやる気やモチベーションを保つことができます。

また、ユーキャンの行政書士講座は、なんとサポート講師が50名も在籍していることから、バックアップの体制も万全です。質問や添削サポートも、経験豊富な50名の講師たちがスムーズに対応してくれます。そのため、いつでも勉強につまずいたときに、すぐにアドバイスや解答を受けることができます。このように、ユーキャンの行政書士講座は、サポート面で充実している点も人気が高い理由です。

そして、ユーキャンの行政書士講座の入門テキストは、初学者にもわかりやすくマンガやイラストが豊富であることも特徴です。マンガやイラストで法律をわかりやすく噛み砕いて解説をしているため、初学者でも理解しやすい内容になっています。他にも、ユーキャンの行政書士講座には、スマホやPCでいつでもどこでも学習できるwebテストやデジタルテキスト、動画講義、学習進捗の管理機能などが揃っている「合格デジタルサポートパック」というものがあります。ナビに従って日々課題に取り組むだけで、最短で最適な合格プランで進行することが可能です。
さらに、受講開始日から試験実施月までが、「ユーキャンの行政書士講座の目安期間である6ヶ月未満である場合」には、「次年度の試験まですべての指導サポートを延長して利用することが可能」です。このように、ユーキャンの行政書士講座は、初学者でも合格することができるようにさまざまなサポートやサービスが充実しているのが、大きな特徴であると言えるでしょう。

ユーキャンの行政書士講座の合格までのスケジュール

ユーキャンの行政書士講座は、標準学習期間が6ヶ月です。初学者でも十分に合格することができるように学習スケジュールやカリキュラムが組まれているため、無理なく自分のペースで学習を進めることができます。ユーキャンの行政書士講座は、このようなスケジュールであるため行政書士試験の11月(願書締切は8月)から逆算し、申込み受付は4月末で終了となります。そのため、ユーキャンの行政書士講座を受講したいという人は、締め切り日を確認し早めに受講手続をすることをおすすめします。

ユーキャンの行政書士講座は、最初の0.5ヶ月は2冊の「入門テキスト」を利用し、基礎部分の「民法」と「行政法」を学習します。法律の学習は初学者にとっては、かなり難解なものが多いため、ユーキャンの行政書士講座ではまずは法律についての全体像を掴むことを目指します。また、各テキストを読む前には、「合格デジタルサポートパック」内の動画講義を見ることにより、テキスト学習のポイントを確認することが可能です。テキスト学習のポイントを先に把握することにより、効率的に学習を進めることができます。

次のステップである「応用テキスト」では、本格的に行政書士の科目学習に進みます。ユーキャンの行政書士講座では、身近な「民法」からスタートし、効率的に法令科目の学習を目指します。ユーキャンの行政書士講座の応用テキストは、法律をごとに関連項目をまとめて学習できる構成となっているため、無駄な時間を消費することなく、必要な部分だけを理解することができます。

ユーキャンの行政書士講座の「合格デジタルサポートパック」には、各分野ごとに添削課題があるため、合格に向けた学習の状況がひと目でわかります。また、学習の進捗状況から自動的にスケジュールを調整してくれる機能もあるため、無理せず自分の進捗状況にあった学習をすることが可能です。このように、ユーキャンの行政書士講座には、自分に合ったオリジナルの学習スケジュールを自動で組んでくれる点も、初学者にとってはありがたい機能の1つであると言えるでしょう。

最後には、合格デジタルサポートパックの中の「webテスト」を受けることができます。webテストの結果から、自分の苦手分野ややるべき課題を再度編集し直してもらうことが可能です。最後に自分の弱点を確認することや、試験前の総仕上げを行うことができます。このように、ユーキャンの行政書士講座では、自分に合った合格スケジュールを進捗状況によって組み直すことができるため、初学者にはおすすめの行政書士講座であると言えるでしょう。

ユーキャンの行政書士講座の教材や費用

ユーキャンの行政書士講座は、さまざまな学習サポートや機能が揃っていますが、費用はとてもリーズナブルです。ユーキャンの行政書士講座の費用は、一括払いで税込み63,000円、分割払いの場合には、3,980円を16回(16ヶ月)払いで総額税込み63,680円になります。教材は、入門テキスト2冊、応用テキスト7冊の合計9冊、副教材としてガイドブック1冊、過去問題集4冊、その他添削質問書類やスケジュール表がセットになっています。

ユーキャンの行政書士講座の添削回数は、総合実力診断テストを含む全8回で、質問は1日に3問までと制限があります。標準学習期間は6ヶ月で、受験開始日から試験月である11月までが6ヶ月未満である場合には、翌年の試験月までは延長指導サポートを受けることが可能です。延長指導サポートとなった場合に、法改正や試験情報の変更があった際には追加で補教材が提供されます。

ユーキャンの行政書士講座の支払いは、郵便局・ゆうちょ、コンビニエンスストア払い、クレジットカードの3つの支払い方法が可能で分割払いにも対応、送料は無料で8日以内であれば返品にも対応しています。また、ユーキャンの行政書士講座は、一般教育訓練給付制度の対象講座でもあるため、条件を満たせば最大で20%が支給されます。

ユーキャンの行政書士講座はこんな人におすすめ!

ユーキャンの行政書士講座は、転職やキャリアアップ、独立開業を目指す人、在宅で働きたい女性、就活で資格を活用したい学生、定年後のために手に職をつけたい人、生活に役立つ法律の知識を学びたい人などに、おすすめの講座です。行政書士は、10代から70代までと幅広い年齢層に人気のある資格試験です。人それぞれにさまざまな目的から、行政書士の資格取得を目指しています。

そのため、ユーキャンの行政書士講座を受講する人も、さまざまな年代かつ目標を持った人たちです。もしも、ユーキャンの行政書士講座が、自分の目的に合っている場合には、手頃な価格かつ充実したサポート内容であるため、ぜひ受講することをおすすめします。

まとめ

ユーキャンの行政書士講座は、初学者の受講率が高い人気の講座です。行政書士は、受験資格はないことから、さまざまな年代や目標を持つ人が受ける資格試験です。独学で勉強をするには、1000時間も必要とするため、行政書士の資格取得を目指す人の多くは、通信講座を利用しています。その中でも、ユーキャンの行政書士講座は、手厚いサポートとweb学習の充実度が高いため、とてもおすすめの講座です。
また、ユーキャンの行政書士講座を受講する前には、ユーキャンのHP上にて自分が講座を受講するのに向いているかどうかの「相性診断」をチェックすることが可能です。もしも、行政書士の資格取得を考えている場合には、一度ユーキャンの行政書士講座のHP上で相性診断をチェックしてみることをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。