行政書士試験に予備校がおすすめ!合格に最も近い選択

行政書士の試験には、予備校を使うのがおすすめです。
これまでもさまざまな勉強方法が取られてきましたが、自分自身の力だけで勉強していく独学は、決して効率のいい方法ではありません。
特に法律をはじめて学ぶ場合は、乗り越えなければいけないハードルがあまりにも高いので、予備校を使うことが合格に最も近い選択になるのです。

行政書士の予備校をおすすめしたい人

行政書士の予備校は、誰にでもおすすめというわけではありません。
なかには、これまで何度か受験してきたため、独学の方が相性がいいという人もいます。
これまでやってきたことがどのようなことなのか、その背景によっても勉強方法に違いがあるのです。

基本的として、予備校を使うとお金がかかります。
行政書士の勉強としては効率が良くても、費用対効果は最も低い方法です。
コースによっても違いがありますが、費用として30万円かかることも珍しくありません。
通学することになるので、さらに交通費も必要になります。
費用がかさむのは、行政書士の予備校のデメリットです。

自分の時間に合わせて講義を受けられるわけではないのも、申し込み前に考えとかなければいけない点です。
開講している時に、自分の都合を合わせなければならないので、自由に勉強時間を選ぶことはできません。

こうした条件を踏まえ、行政書士の予備校におすすめな人は、どうしても合格したいだけではなく、くじけがやすい人が対象です。
独学は、常に一人です。
分からないことがあっても、自分で調べ答えを見つけなければなりません。
調べる能力も必要ですが、基礎的な知識がなければこれも難しいでしょう。
心がくじけることも出てくるので、挫折しやすい人は、講師が引っ張ってくれる予備校に通う方がおすすめです。

それなりに高額な費用を支払うことも、予備校を選択するポイントになるでしょう。
お金を支払えば、それに見合った結果を必要とします。
これは予備校に対してだけではなく、自分自身に対しても同じことが発生するのです。
お金に見合った結果を出すためには、自分自身も努力しなければいけません。
元を取らなければいけないという気持ちが働くので、行政書士試験の勉強の途中でダレてしまいそうな人にも、予備校がおすすめといえます。

モチベーションが下がりやすいという意識がある人も、予備校がおすすめです。
周りには同じように行政書士を目指す人が集まってきます。
気持ちの面でも似たような人が多く、色々な情報も得ることができるでしょう。
その中でお互いを高めながら、行政書士を目指して勉強して行けるので、モチベーションが下がった時にも励まし合いながら目標をめざせるからです。

行政書士試験におすすめできる予備校の活用法


行政書士におすすめできる予備校の活用方法として、スケジュール管理の徹底があります。
開講されていなければ講義を受けることができないのが、予備校の通学のポイントです。
自分のスケジュールではなく、予備校側のスケジュールを利用して勉強するので、自分でできる管理は通えるようにすることにあります。
行政書士試験には、長い時間をかけて勉強をしていくことになりますが、このスケジュール自体は自分で管理せずに済むのです。

勉強のスケジュール管理は簡単ではありません。
どの時期にどれほどの知識を身につけていなければいけないのか、最終的な仕上がりまで考えスケジュールを組みます。
途中に進捗度合いを知るためのマイルストーンも必要でしょう。
これらの管理をすべて徹底しなければ、行政書士試験の合格のレベルに到達するのは難しくなるのです。

予備校では、最終目標である行政書士の試験日まで、しっかり対応します。
それだけのお金も支払うことになりますが、これまでの学校の実績に合わせ、必要なことを必要な時期にサービスとして提供をしてくれるのです。
おすすめのポイントですが、実際に経験のある人であれば必要ない部分かもしれません。
どのような勉強をすれば、最終的なレベルまで到達できるか予測がつくからです。
行政書士の試験に初めてチャレンジする人ならば、こうした予備校のサービスをうまく活用する方が確実性が高まります。

教材などに関しても、どのようなものを選べばいいか、簡単に判別つかない人もいるはずです。
過去問が有効だと言われても、適切かどうか判断するのは容易ではありません。
予備校に通学するなら、自分で教材を選ぶ必要がなくなります。
どのような教材を使うことが合格へ近づくのか、予備校側が判断し、その時期に適切な資料を提示するからです。
合格まで必要な量に関しても、予備校が提供するので、細かな心配もする必要がなくなります 。

そこまで費用を支払っても、合格できなかった時には保証が付いてくる予備校もあります。
次回の割引するところもあり、さまざまなサービスを展開しているので、利用前に確認することも必要です。
こうしたポイントからも、法律初学者には特におすすめの勉強方法と言えます。

行政書士のおすすめの予備校と通信講座

行政書士の試験の勉強には、予備校に通学する以外にも通信講座を利用する方法があります。
通信講座の場合、自分のスケジュールに合わせて勉強を進められるのが重要です。
予備校の場合には、学校側のスケジュールが中心となりますが、忙しい人にとっては大きな違いとなるでしょう。

通信講座の場合には、予備校が遠くて通えない人も利用できるメリットがあります。
どんなに遠くてもサービスは受けられますし、最近では動画配信なども利用することで、実際の講義を受講するのと変わらないような環境が作れるからです。
費用としてみても、予備校へ通学するよりは安く上がるようになります。
それでも独学よりは費用が発生するので、この点は理解しておかなければいけません。

通信講座はメリットが数多くありますが、行政書士試験の合格という意味では、予備校への通学の方が効果があります。
通信講座でも、何度も質問できるようなシステムが作られてきました。
こうしたシステムを作るのは、行政書士試験の問題が非常に複雑で、講師に質問したりしながら進めなければ理解が難しいからです。
通信講座でもこうした問題を理解しており、さまざまな対処を行っていきました。
それでも生で質問できるという意味では、予備校の通学にはかないません。

法律初学者の場合、通信講座を使ったとしても、言葉の壁などは存在します。
最初の難関とも言える基礎的な言葉を理解するまで、通信講座でも独学と同じような苦労が伴うは同じです。
予備校に通学するのであれば、理解できないポイントも一つずつ説明を受けられますが、通信講座では質問の回数が定められていたりするため、すべてを聞くのは難しいでしょう。

独学と同様に、一人で勉強する事に変わりません。
動画なども利用し勉強もできますが、結果として自分自身でスケジュールを組み、モチベーションを保たなければいけないのが通信講座です。
費用を支払うので、元を取らなければいけないという気持ちにはなりますが、孤独から発生するモチベーションの低下は逃れられません。
予備校へ通学する方が、最終的な行政書士試験までの期間のモチベーション維持方法としておすすめです。

行政書士試験に合格したいならおすすめの予備校

行政書士試験に対応している予備校は、各地に作られてきました。
おすすめなのはこれまで多くの実績を残してきた、大手予備校です。
テキストなども販売しているので、どのような講座なのか、申し込みの前にその一端を知ることもできるでしょう。

資格 の学校のTAC

資格の学校のTACは、日本の資格学校の中でも抜群の知名度を誇ります。
日本各地に教室を持ち、行政書士以外にもさまざまな講座を開いてきました。
価格帯としても標準的な部分ですが、サービスとしての質の高さは群を抜いている存在です。
非常におすすめできる予備校で、迷った時にはTACを選ぶと良いでしょう。

他の予備校と比べても、行政書士に対する知識を広く身につけることができるのが特徴です。
最短合格を目指すといった方向性よりも、しっかりと学び確実に合格するという人におすすめです。
高い知識を受けられる代わりに、それだけの時間を使いますので、申し込む前に自分に合っているかどうか確認するといいでしょう。

LEC東京リーガルマインド

資格の学校のTACと並び、高い知名度を誇るのがLEC東京リーガルマインドになります。
多くの書籍も販売してきたので、行政書士試験としてとても有名です。
これまで多くの実績を生み出ししましたが、それだけ高いレベルの講師がいることでも知られています。
通信講座でも多くの実績がありますが、資格の学校のTAC同様に、各地に教室があるので通学しやすい予備校の一つです。

資格の大原

さまざまな資格を取り扱っている予備校として知られているのが、資格の大原です。
各地教室を持っており、費用も抑えつつ通学しやすい環境も作られてきましたが、法律専門というわけではないところがネックとも言えます。
TACやLECと比べても、通学を重視している学校であり、講義の満足度が高いことでも知られてきました。
非常に多くの学校と教室を持つことから、かなり若い講師も多いので、社会人が中心となる行政書士講座として自分に合っているかどうか事前の確認も必要です。

まとめ

行政書士の勉強方法として、予備校に通学するのは確実性の高い方法なのは確かです。
費用がかなりかかりますので、その負担ができるかどうかが大きな分かれ目になります。
モチベーションが低下しやすい人やどうしても合格したいという人には、費用対効果を検討してみる必要があるはずです。
予備校によってもかなりの違いが出てきますので、さまざまな資料から自分に合ったところを見つけることが必要になるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。