行政書士の問題集!さまざまな勉強方法におすすめできるのはこれ

行政書士には、さまざまな勉強方法があります。
その中でもおすすめなのは、問題集を使う方法です。
効率的な方法となるので、行政書士試験合格を目指すのであれば、有効に活用しなければいけません。

行政書士に合格したいなら勉強のお供に問題集がおすすめ

行政書士の試験は、非常に広い範囲を勉強しなければいけません。
法律系国家資格の一つとして、難易度は高くありませんが、一般の人が初めてチャレンジするには高いハードルになるのは確かです。
決して簡単ではなく、合格率10%の試験であり、1年間かけて勉強していくことになるでしょう。
長い時間かけて勉強をするので、効率的な方法を選ぶのがおすすめです。
時間という意味の効率もありますが、覚えるという意味でも効率化が必要になります。

法律の勉強は、これまでもさまざまな方法がとられてきました。
行政書士試験においても、色々な勉強方法が確立されてきたのです。
その中でも、問題集を使う方法は、スタンダードでおすすめと言ってもいいでしょう。
他の資格試験にも通じる部分がありますが、行政書士の場合には特に重要視しなければいけません。

行政書士の試験問題集を使うのは、広い範囲に対して記憶を定着させやすいからです。
勉強方法にもよりますが、さまざまなテキストを使って習得を目指します。
テキストも資格学校をはじめ、さまざまな企業が出版しているので、利用の幅も広いのが特徴です。
それだけ高い人気がある資格試験と言えますが、初めて勉強する人が簡単に理解できるような内容ではないので、注意しなければいけません。

学校の講義などで説明してもらえれば、わからないところも、初めてでも覚えるきっかけができます。
しかし、独学など自力で進めていこうと思った場合、テキストなどを利用し理解度を深める必要が出てくるのです。
この時に問題集を使うのは、おすすめです。

行政書士の試験は、独特な出題方法を持っています。
択一式の問題だけではなく、行政書士の試験のネックになる記述式もあります。
法律以外の出題もあり、出題形式に対して答えの作り方を効率化していかなければいけません。
そのためには、何度も繰り返し問題を解く必要があるでしょう。
いくらテキストを読んでも、解答の作り方ができなければ点数は取れないので、答練として問題集がおすすめです。

おすすめできる行政書士試験問題集のポイント

行政書士の問題を解く場合は、いくつかのパターンがあります。
例えば行政法であれば、丸々暗記してしまうことで対応しやすくなるでしょう。
憲法も似たような部分があり、これまでの最高裁判例と共に覚えることで対応が早くなります。

行政書士の問題集は、多くの企業が出版してきました。
大きく分けると、資格学校とそれ以外に分けられます。
資格学校の場合、問題集も学校で研究して分析された結果が問題集になるのです。

資格学校は、書籍を売ることが仕事の中心ではありません。
あくまでも学校に来てもらうことが重要になります。
行政書士の問題集でも、同じことが言えるのです。
その問題集を見て、この学校に通学する方法や通信教育を利用するなどを検討するなら、魅力を感じなければ選択することはありません。
そのため内容もこだわって作られてます。

問題集の魅力は何かと言えば、 行政書士試験にその問題が出題されることです。
利用者が使って良かったと思えるのは、合格できる可能性が高くなることにあります。
利用数の高さがあって初めて評価されるので、使い勝手の良い問題集を見つけることができるのです。
行政書士の本試験にどれぐらい出題されるかも、利用者から注目される点になります。
それほど出題の的中率なども関係するので、資格学校の問題集は利用価値が高差でもおすすめです。

資格学校ではなく、通信教育を行っている会社も、問題集を出しています。
こうした会社も、資格学校と同じように評価されるでしょう。
それだけ性能も高めて作ってあるので、有効に活用できるのです。

行政書士の書籍を専門としている会社では、問題集の評価も少々変わります。
利用価値の面では、合格率よりも読みやすく利用価値が高いかどうかが、注目されるポイントです。

問題集にもいろいろとあり、本試験用の問題集なのか、普段から活用するものなのかで違いがあります。
行政書士試験の本試験用の問題集であれば、試験直前に利用するのが効率的です。
普段から活用できる一問一答などは、隙間時間に利用すると良いでしょう。
ちょっとした時間があればどんどん解けるので、行政書士試験に対する力をつけるにはもってこいの問題集です。

数を解くことも必要となるので、問題数が多いのもおすすめのポイントになります。

おすすめの問題集と行政書士試験の関係

行政書士試験と問題集の関係を考えてみなければいけません。
行政書士試験には出題の形式が複数ありますが、問題集にも対応しているものが出版されています。
単純に知識を身につけるだけではなく、解答へ導く思考施工方法も問題集を使うことで身につけられるのです。

特におすすめなのは、問題を解いた後に解説を読むところにあります。
解説を読むと、その問題の意図するポイントを知ることができるからです。
行政法などは行政書士試験でも暗記で対応ができます。
反面、民法はかなり深く理解しなければ、 記述式問題などに対応ができないのです。
テキストを読みに条文を理解するだけでは、記述式を答えるには足りないと言ってもいいでしょう。

独学などの場合、記述式は行政書士試験の鬼門になります。
勉強する上でも、簡単ではないだけではなく、出題を解いた時の答え合わせがしにくいところに問題があるのです。
文章として書かなければならない記述式では、文章に起承転結をつけるのも必要になります。
解答へ導く文章を作りますが、必要な文言が含まれるだけではなく、論理的に答えがまとめられるかどうかが注目点です。

問題集を見ておすすめなのは、解答から何が重要だったかを抑える方法です。
模範的な解答が書かれますが、同じ文章を作ることは事実上できません。
要点は抑えなければいけませんが、書く人が違う以上、文章に違いが現れるからです。
重要なのはこの要点で、どのような論点から導き出したかを解説から知ることができるのです。
この練習をするためには、記述式だけでまとめられてるような問題集を使うのがおすすめです。

専用の問題集を使うことで、どのような思考で行政書士試験の記述式の出題に臨まなければいけないのか、だんだんと見えてきます。
効率的に進めることは行政書士試験の勉強に大切ですが、慣れなければ答えられない状況も出てくるのです。
記述式は、かなり繰り返していかなければ、文章を作れません。
小論文などとは違い、明確に要点を組み込み文字数も合わせるので、問題集を使い練習しているのがおすすめです。

注意しなければいけないのは。こうした問題集は。ボリューム不足に陥っている場合があります。
民法の中でも限られた範囲で出題されるので、どうしても限界が出てくるのです。
そのため、ページ数を増やすために、行政書士試験の範囲外の練習問題が出てくる場合があります。
こうした問題を解いていても、思考方法は身に付きますが、行政書士試験に合格するためには役には立ちません。
おすすめなのは、始める前の段階からどこまでやらなければいけないのか、どこは範囲外なのかを明確にして利用することです。

独学にもおすすめの行政書士問題集

行政書士試験の問題集は、独学以外でも必要となる参考資料です。
通信教育でも通学でも、できるだけ多くの問題に触れるのは、経験を積むためにも必要になります。
ですが、独学にとっては、答練という意味でも欠かすことができない資料となるので、行政書士問題集を使い勉強していくのがおすすめです。

ケータイ行政書士 一般知識 三省堂

行政書士試験の中でも、非常に勉強しにくいのが一般知識です。
この一般知識に対応している問題集になります。
法令科目が得意であっても、一般知識で点数が足りなくなると足きりされる可能性が出てきます。
行政書士試験の合格率を下げている要因の一つですが、対策をしなければいけないのは間違いありません。
その中でも利用しやすい問題集で、おすすめの一冊です。

一般知識の問題集として、過去問を元にした〇✖問題も掲載されているので、対応力をつけるのにもぴったりです。
重要な語句は赤で印刷されているので、赤シートを使って隠せるので、電車の中などでも簡単に利用できるでしょう。

出る順行政書士 40時記述式問題集 LEC東京リーガルマインド

行政書士試験の記述式問題に特化した問題集です。
最終的には後回しにすることが多い記述式に対して、どのようなアプローチをしたら解答へ導けるか乗せられている問題集になります。
解き方のアプローチということで、問題の所在を見つけ、いったいどのような法令を活用するべきか、そこから事例へ繋がるように解説されているのが特徴です。
解答テクニックだけではなく、実践的に得点を取るためにはどうしたらいいのかも身に付けられます。

みんなが欲しかった!行政書士の40字記述式問題集 TAC

LEC東京リーガルマインドとよく比較される資格学校であるTACから出版されている記述式問題集です。
LEC東京リーガルマインドとは違った問題へのアプローチが身につくようになっており、答えを完成させるためには、どのように思考するべきかがわかるようになっています。
解説が詳細なところが特徴であり、解いているうちにどんどんと力がついてくるでしょう。
特におすすめなのは過去問題を中心にしているところであり、どのような解答をするべきかその流れから分かるようになるのです。

まとめ

問題集の存在は、行政書士試験の大事な資料となります。
各社行政書士試験を分析し、細かなところまで問題集にフィードバックしていますので、利用価値が高いのです。
本試験に慣れるためにも、問題の数をこなすことは大切ですので、知識をしっかりと身につけるためにも使っていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。