行政書士の合格のカギとなる模試でおすすめはこれ!

行政書士の試験を受ける上で、合格のためにおすすめするのが模試です。
行政書士の試験もはさまざまな勉強方法がありますが、最終的な仕上がりを決める大事なポイントになります。
合格という結果につなげるためにも、利用してきましょう。

なぜ行政書士試験に模試がおすすめなのか

行政書士試験の講座を行っている学校では、模試を実施していることがあります。
本番の試験と同じような方法で実施されているもので、問題などの行政書士試験本番と形式も変わりません。
試験時間も同じように設定するので、行政書士試験本番と変わらない高いレベルで受けることができます。

資格学校は大きな施設を持っていることが多く、本番の試験会場と条件があまり変わりません。
雰囲気も同じような中で受験できるので、本番をシミュレートするのにもおすすめの機会です。

行政書士試験の講座を受けていないと、模試が受験できないわけではありません。
まったく別途に申し込むこともできますし、通信教育などでもセットになっている場合があります。

模試を受ける理由を考えるのも大切です。
模試を受けのは、これまでの学習の内容に合わせて答えを出す機会になります。
つまり、学習の成果を表す場が、本番に合わせた模試なのです。

資格学校では、行政書士試験を様々な角度で研究しています。
行政書士試験に合格させることが重要であり、これが次の生徒を集めるための大事な条件です。
そのため、高い精度の模試を作らなければいけません。
行政書士試験本番の的中率を上げるということが、これから先の大きな宣伝材料になるので、資格学校の持つ命題と言ってもいいでしょう。
この命題を利用すれば、受講者としても、行政書士試験に合格する大事な機会になります。

模試の内容だけではなく、雰囲気も同じようなものなもなので、本番で緊張せずに挑む練習にできるでしょう。
本番の雰囲気は、普段勉強してるような環境とは違います。
これに慣れておくのは、大切な意味があるのです。

行政書士の試験は、終わるまで長い時間がかかります。
この長い時間の中で試験を受けるのは、普段の生活の中ではそうそうあることではありません。
ここまで長い時間、緊張感を継続することも少ないはずです。

試験の解答を考えると、全60問を3時間で解くことになり、一問あたりにかけられる時間はわずか3分しかありません。
どのように解答を引き出すのか、そのプロセスも慣れなければ時間が足りなくなります。
マークシートに印をつけるだけでも、慣れていないと戸惑うことが出てくるでしょう。
さらに、行政書士試験には記述式の問題などもあり、時間の配分が重要な意味を持つのです。
配分を間違ってしまえば、解答を作る時間がなくなるので、どんなに高い知識を持っていても点数が取れません。

調整書士の試験の勉強は、長い期間を掛けていきます。
それなのにも関わらず、経験がなく本番で失敗してしまうのはもったいので、こうした模試がおすすめなのです。

行政書士の模試は何回受けるのがおすすめ?

行政書士の試験用の模試は、様々な学校が実施しています。
問題は、どのくらいの頻度で受ければいいかというところになるでしょう。
模試を受けるのは、自分自身の行政書士の勉強の仕上がりを見るチャンスです。
どの程度、習得できているのか、何ができないのかをはっきりさせる機会です。
重要な時期に合わせ、行政書士試験の模試を受けることがおすすめといえます。

必要な時期とは、1年間行政書士の勉強を続けていくと仮定した場合、最初に訪れるのが7月から8月です。
一通り行政書士の勉強が終わり、本当に試験を受けるべきかどうか判断し申し込みをする時期にあたります。
自分の実力をはかる最初のチャンスとして捉えれば、ここがおすすめの時期になるのです。

次に訪れるのが9月です。
ある程度勉強が仕上がり、実際にどれぐらい点数がとれるかが見えてくる時期になります。
本番の試験での成果を見極めるチャンスになるでしょう。
ここから後半戦と考えることもできますので、点数を見ながらこれから先のスケジュールを煮詰めることがおすすめです。
自分の弱点が見えてくれば、改善しなければいけないところもはっきりするので、合格に向けて点数をのばせるようになります。

3回目として10月に模試を受けるのは、これまでの2回とは違った意味をもつのでおすすめです。
行政書士の試験は11月ですので、本当の直前と言ってもいいでしょう。
最終的な仕上がりをチェックするための模試でもあり、 修正できる最後のチャンスです。
これまで勉強してきた成果を発揮する場でもあり、雰囲気や試験時間もみながら受験することをおすすめします。
特に直前の模試は、本試験をイメージして作られているので、おすすめの最終的対策です。

おすすめの模試で行政書士試験として得点が悪かったら

行政書士試験の模試を受ければ、点数が良い時もあれば悪い時もあります
当然のことで、何も驚くことはありません。
単に途中の結果でしかないからです。

模試は行政書士の本試験ではありません。
あくまでも練習として受けた試験です。
結果がどうあれ、行政書士に合格するかしないかと言う結論ではありません。
出た結果はあくまで結果であり、ここで満足する意味は皆無です。
一喜一憂する理由すらないと思わなければいけないでしょう。

問題は、この点数を見て、今後の行政書士の勉強にどう活かすかありあります。
仮に本試験直前であったとしても、行政書士の勉強として修正がかけられるのでおすすめです。

例えば結果が悪かったとします。
どこの部分が悪かったのか、はっきりとさせなければいけません。
点数が取れなかったところが、得点源となるような問題だった場合、確実に修正しなければ行政書士試験の合格に至らなくなります。
こうした問題も、模試を受けると資格学校が教えてくれるポイントになるのでおすすめです。
分析データとして戻してもらえるので、自分の勉強が床に穴があるのかを客観的に評価できます。

行政書士試験の勉強を始めた頃は、試験形式の問題を解いても、うまくまとめることができないでしょう。
3回の模試のうち、はじめに受けるときには、迫ってくる時間や会場の雰囲気だけでいっぱいいっぱいになるはずです。
行政書士試験ではこれが珍しくない光景と言えます。

長丁場の試験となると、経験をつめるかどうかが、非常に重要な意味を持ちます。
自分で経験したことがない時間になると、とても解答を作り上げる余裕もなくなるからです。

普段、行政書士試験では鬼門ともなる記述式問題の練習をしていて、良い結果を出していたとします。
しかし、実際の試験は1問だけではありません。
行政書士試験の模試を受けると、他の問題も答えつつ、記述式に取り組まなければいけないです。

他の問題が素直に解けているのならまだしも、時間に追われ焦って答えているような状態では、記述式をまとめることも難しくなります。
自分が得意な問題はどこなのか、早く把握できる部分はどこかを把握し、時間配分をするのも、こうしたの経験が活きてきます。
3時間という長丁場を考えれば、何度も経験しなければ、うまく活用するのが難しいのです。

行政書士試験の模試は、単純にアウトプットの場だというだけではありません。
さまざまなな経験をつめる大事な機会として、有効に活用するのがおすすめです。

行政書士試験対策としておすすめの模試

LEC東京リーガルマインド

資格学校大手として、高い知名度を誇るのがLEC東京リーガルマインドです。
通学を基本としていますが、通信教育を行っており、テキストなどもよく知られています。
行政書士だけではなく、さまざまな資格に対応している学校です。

大きな都市にはだいたい校舎を持っているので、模試を受ける際にも見つけやすいでしょう。
LEC東京リーガルマインドが直接を経営を行っていなくても、提携する学校で模試が受けられる場合もあります。
自宅で受ける方法も有りますが、経験を積むという意味では会場で受験する方がおすすめです。

行政書士の模試として、一年間で4回行われます。
どれも絶好のタイミングで実施されてくるので、経験という意味でもおすすめの模試なのです。

資格の学校のTAC

やはり日本の大手資格学校として知られているのが、資格の学校のTACです。
行政書士の試験用のテキストなどでも、よく知られています。
全国展開をしている資格学校の一つでもあり、模試を受ける学校としてもおすすめです。
校舎も持っていますので、行政書士試験の経験もつめます。

TACの場合には、全国公開という形で1年間1回だけしか模試は行われません。
その代わり、答練が常に充実しているのでおすすめです。
本試験での実力をはかるという意味でも、TACの模試を利用してみる価値があるでしょう。

伊藤塾

法律の資格学校として、高い知名度を誇るのが伊藤塾です。
司法書士試験など、様々な資格の講座を行っています。
行政書士の模試も開かれており、全国公開の形で行われるのが特徴です。
回数としては1年間に2回実施されていますので、初めは基礎的な能力を図る場として使い、最後は仕上がりを見るという方法になるでしょう。

全国16の会場で開催されますが、一斉開催ではなく、会場の都合によって日にちが変わります。
自宅の受験もできるようになっているので、近くに会場が設定されないのなら利用を考えてみるのも一つの方法です。
しかし、行政書士試験の本番の練習として考えるのなら、時間をかけてでも会場に足を運び受験する方がおすすめできます。

まとめ

行政書士試験に合格するためには、模試を使う方法はおすすめです。
行政書士試験は時間も長く、勉強する期間もかなり取られます。
自分の習得度を客観的に判断することができるので、模試の機会があれば積極的に受験するのがおすすめなのです。
特に独学なら、なかなか他の人の状況を見ることも感じることもできないので、こうした場を有効に活用しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。