行政書士合格へ必要な学習時間と使い方!

行政書士の試験に合格するためには、多くの学習時間を割きさまざまな科目の勉強が必要です。
これまでどのような知識を身につけてきたかによっても、勉強方法は変わってきます。
どれぐらい学習時間が必要になるのかは、その人の属性で異なりますが、ある程度目安を立てて勉強しなければいけません。

行政書士に合格するまで学習時間はどれぐらい?

行政書士の試験は、非常に広い範囲をカバーしています。
憲法から始まり、民法や一般知識まで、高いレベルの知識を求められる試験です。
範囲が広くなると、そのぶんだけ多くの学習時間が必要になります。

普段から民法に触れているような人であれば、学習時間はかなり短縮できるはずです。
大学で法学を勉強してきた人も同様で、理解にそこまでの時間は必要がなくなります。
試験範囲が広いため、こうしたこれまでの背景が大きく影響する試験なのです。
そのため一概に何時間という勉強時間を取れば、合格できるとは言えません。

学生か社会人かという違いもあるでしょう。
学生であれば、勉強に集中する時間が取れます。
同じ100時間でも、集中してできる時間と、仕事の合間でバラバラにとった時間では、100時間の意味も異なるのです。
効率が全く異なる時限となるので、学習時間を検討する際に注意しなければいけません。

行政書士の試験は、1年に1回しかありません。
逆に1年に1回受験ができるため、試験日の翌日から365日の時間があります。
1日8時間勉強するとしたら、2920時間取れる計算になるでしょう。

一般の社会人からすれば、仕事の合間にこれだけの時間を取るのは不可能です。
平均すれば、仕事が終わった後、家に戻り3時間程度が限界でしょう。
1日3時間で考えると、1年間で1095時間取れるのです。
これだけの時間をかけられることを考慮すれば、合格はそこまで難しくない試験なのが見えてきます。

一般的に合格の目安と言われているのは、500から800時間です。
非常に幅のある数字なのが分かります。
受験者の背景となる属性の違いもありますし、集中してどれぐらい学べるかというところでの差も出ているからです。

1年間3時間勉強したときの数値と比較すると、もう少しわかりやすくなってきます。
3時間の計算でいくと、半年から9ヶ月勉強すると合格の目安に達すると考えられるからです。
1年の半分から2/3の期間が必要であると目安は教えてくれているといえるでしょう。

つまり、合格するまでに必要な学習時間は、1年間で考えると、1日3時間として週の半分から2/3にあたる5日はとらなければいけない計算です。
もちろん、3時間以上取れる人であれば、もう少し短い時間でも合格できる可能性が出てきます。
それほど行政書士は試験範囲の広さを持っており、難易度は高いものだと覚悟しなければいけません。

独学で必要とされる行政書士の学習時間は?

行政書士の試験に合格する学習時間は、勉強の方法でも変わってきます。
独学で勉強するなら、どのような知識を持っているかが、学習時間の大きなカギになるでしょう。
初学の状態で始めるなら、知識が全くゼロのところからスタートします。
この状態の独学になると、目安とされる最大時間が必要と考えられるでしょう。
1日3時間とするなら、約800時間で日数として9ヶ月ほどの時間をかけなければ達することができません。

学習時間は、効率のいい方法を取れるかどうかで変わってきます。
どんなに時間をかけたとしても、効率の悪い勉強方法を取っていれば、行政書士試験の合格は遠のいてしまいます。
独学はこの危険性が高い方法です。
そのため、試験勉強はできる限り直前までできるスケジュールが必要になります。

行政書士の勉強でも初めにやっていたことは、うまく記憶に定着させなければいけません。
時間の経過とともに、本番で忘れてしまう危険性が高いからです。
長い時間をかけるというリスクもあるので、効率の面でハンデを負うのが独学といえます。

独学の初学の場合、法律の基礎知識を身につけるまでにも時間がかかります。
日頃法律に触れていれば、理解できる文言もありますが、初学者ではかなり厳しいものと覚悟しなければいけません。
独特の言い回しもあり、専門の言葉も出てきます。
これらの壁を乗り越えるまででも、相当な学習時間が必要になるのです。

行政書士試験の場合、憲法の出題も独学の大きな壁になります。
学んだことのない人にとって、日本の憲法でも、その内容に馴染みがあるとはとても言えません。
初めて見る言葉も多数出てくるはずです。
行政書士の学習時間としても、非常に多くの時間を取られます。
理解するまでに、相当な努力を必要とするのです。

独学の学習時間の目安が800時間といわれていても、短期間ではなく1年を通しての学習が求められます
ゆっくりと長い時間をかけて知識として身につけていかなければ、行政書士の試験に太刀打ちできないからです。
行政書士試験の合格を目指すのは、一般的に評価されるより簡単ではありません。

試験内容から見る行政書士の学習時間

行政書士の試験は、法律系国家資格の中でも難易度は決して高いほうではありません。
それどころか入門の位置にあたるとされています。
それでも初学者から見れば、行政書士は非常に難易度の高い試験です。

広い試験範囲を持つ行政書士試験の場合、すべての範囲を一度は勉強することになります。
効率から考えると、あまり良い方法ではありません。
合格を目指し学習時間の割り振りも考える必要が出てきます。

行政書士試験は8科目あります。
この科目がすべて同じ点数ではないのが行政書士試験の特徴です・
ここから学習時間の割り振りを考えてみる必要がでてきます。

8教科ある中で配点が高めに設定されているのは民法と行政法です。
行政書士試験に合格する大事なポイントですが、この2科目を取れなければ合格することはできません。
この2科目は、ほかよりも学習時間をかけるべきです。
特に行政法は、全体の得点の4割近くを占めます。
行政法が分からなければ、合格はできないとも言えるのです。

行政書士試験の範囲の中でも、行政法は暗記が求められます、
論理的な解釈より、暗記することによって点数が取れるため、ギリギリまで時間をかけて勉強するべきでしょう。

民放は論理的解釈を求められる面が目立つ科目です。
行政書士の科目の中でも、特に広い範囲が特徴といえます。
簡単に理解できるほど、少ない範囲ではなく、暗記も役に立たない問題が出題されます。
暗記が役に立たないことからも、違う意味で長い学習時間をかける必要があるでしょう。
知識の定着という面では、何度も繰り返し学習時間を取っていかなければいけません。

合格のカギになる科目が、一般知識です。
この一般知識は、行政書士試験の中でも法令等とは違った勉強しなければいけません。
どうしても科目的に法律ではないことからおろそかになってしまいがちですが、24点以上得点しなければ足切りになります。
できる限り法令で点数を取り、一般知識の最低ラインを超えるというのが、行政書士試験のテクニックです。
学習時間の割り振りも、学習テクニックから割り出し考えていかなければいけません。

行政書士の学習時間を効率的に使う方法

行政書士の学習時間を経過するのは、生活を踏まえれば簡単なことではないでしょう。
1日3時間として考えても、普段の生活の中で作り出すのは容易なことではありません。
そこで、この3時間を無駄にしないために、効率的に使っていく方法を考えるべきでしょう。

3時間ということを考えると、隙間時間をうまく使う必要が出てきます。
例えば、通勤通学の時間をうまく利用するというのは、行政書士試験の勉強として大事な方法です。
通勤に使っている電車の中で学習するといった方法は、上手な勉強の仕方といえます。
車で通勤しているなら、試験内容を録音している音声を流すという方法もいいでしょう。

1日の時間を見ると、24時間すべて忙しいわけではありません。
仕事に使う時間、通勤通学に使う時間、食事などの時間もあるはずです。
よく考えてみると、何もせずに過ごしてしまっている時間も出てきます。
こうした時間を、うまく勉強に使って1日3時間を生み出せるのです。

わずかな時間であっても、コツコツと積み重ねていけば、大きな価値を生み出します。
実際に10分の時間が取れれば、テキストを読むこともできますし、問題も解けるでしょう。
1問解いて、解説をしっかり読むだけの時間もできます。
ほんのわずかな時間かもしれませんが、この積み重ねをしていくことが、1日3時間という ラインをクリアする大事なポイントです。

効率的に使うという面では、行政書士試験の学習時間に常に当てればいいというわけではありません。
たまにはストレスを発散できるような時間も必要です。
家庭を持っている人であれば、家族サービスの時間もとらなければいけないでしょう。
こうした時間を作らないことが、逆に非効率になる場合も出てくるのです。

精神的なストレスも働きますので、自分の環境に合った学習時間の設定を考えなければいけません。
無理やり押し込むのではなく、1年という長い時間をかけて学習できるような環境整備が効率化に重要なポイントです。

家庭の中ではなかなか勉強ができないという人であれば、資格学校に通って集中的な勉強をするという方法もいいでしょう。
環境を変えられますし、行政書士試験の勉強だけに集中できるからです。
高いレベルの講師による指導も受けられますので、効率よく勉強できます。
週に何日か決めて通学することによって、ほかの日を効率的に使うこともできるでしょう。

まとめ

行政書士に合格するための学習時間は、人によって違いがあります。
それぞれの生活環境が影響してくるので、自分に合った学習スケジュールを組み、学習時間を確保することが行政書士試験の合格の道となるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。