自分に合った行政書士講座を見つけよう!

行政書士試験の対策として、資格学校は対策講座を開講しています。
その中から自分に合った行政書士講座を見つけることが合格への近道です。
それぞれに特色があり、講座やテキストにも違いがあります。
どんなところを見て選ぶのかによって、その先にある勉強の効率も変わるのです。

行政書士講座の種類

行政書士の講座にはさまざまな種類があります。
大きく分ければ、通学用の講座と通信教育の講座です。
この二つは、勉強の方法としても違いがあります。
通学の場合には、学校があるところまで通わなければいけません、
近くになければ利用することはできない方法になるのです。

通信教育も最近では大きく変化し、Web講座のような方法も使われるようになってきました、
Web講座は、インターネット上で展開される特徴を持っており、学校に直接行かなくても受けられます。
録画の講座を見るため、時間に制約がありません。
自分の空いている時間を使って、講座を活用して勉強できるので、都合に合わせて行政書士試験の勉強ができるのです。

Web講座もスマホを使ってできる学習できる講座まで出てきました。
時代の変化とともに、多くの人が持ち歩くスマホも活用できるようになったのです。
すき間時間を利用することを考えると。スマホで勉強ができるのは、効率を高めてくれるポイントになるでしょう。
特に試験対策講座などなら、直前学習にも活用しやすくなります。

行政書士の講座がレベル別で展開しているのは、よくあるパターンです、
行政書士試験は、法律系の資格試験として範囲が非常に広いことでも知られています。
そこで、これまでどんなことをしてきたかが、勉強にも大きな影響を与える試験です。
法律の知識がある人であれば、入門用の試験としても使うことができるレベルになっています。

しかし、法律系の初学者の場合どうしても難易度が高くなる試験です。
法律の文章は独特であり、言葉も専門用語が出てきます。
日常的に使われている言葉でも、法律上では意味が異なる場合もあるからです。
こうした言葉の壁を乗り越えなければならないため、かなり高い難易度となります。

そのため、講座も全て同じレベルで展開されるわけではありません。
学習経験がある人であれば、上級向けの講座を選んだ方が効率も良くなります。
社学者であれば、法律の言葉の入門から始める講座でなければ、勉強についていけなくなるからです。

変わったところでは、通信講座に少しプラスできるような講座が展開されるようになりました。
基本は通信講座でも、理解が難しいところだけ講座に出てみるという選択ができます。
費用をもそこまでかけずにでき、中には金額に含まれていることもあるので、人気のコースとなってきました。
他にも10万円以下など定額で設定されている講座などもあります。

行政書士講座を選ぶポイント

行政書士講座を選ぶ場合にはさまざまなポイントがあります。
そのひとつがテキストです。
テキストは行政書士の試験の勉強をするために欠かすことができないアイテムです。
このテキストが自分に合わないようであれば、勉強の効率は格段に落ちてしまいます。

行政書士講座を展開している資格学校では、ほとんどのところが一般の書籍としてテキストを販売しています。
こうしたテキストを見てみると、自分に合っているかどうかが判断できるのです。

例えば行政書士の試験勉強経験者であれば、利用する意味のないものがあります。
行政書士の仕事とはと書かれていても、経験者であれば深く読む必要はありません。
ところが、初学者はここからスタートしなければいけません・
初学者からすれば、行政書士の仕事の内容からスタートしないと、どんな勉強したらいいのかわからないからです。

この内容を文字だけで書かれているようなテキストもあります。
初学者には理解しがたい部分が出てきてしまうのです。
逆に経験者にはイラストがあったところで読まずに終わってしまうかもしれません。
その場合には、文字だけで構成されているほうが使い勝手に優れます。

自分のレベルに合ったテキストになっているかどうか、確認してみる必要があるのです。
基本は図や表・イラストなどがしっかりと入っているものを選ぶと理解度を高めていけます。

次に気に入ったところがあれば、カタログの請求をしてみます。
公式サイトなどには、必ずカタログの請求が設定されているので、自分の手元に複数置いて確認をしてみましょう。
カタログには、最新の情報が書かれていますので、費用を含め確認することが大切です。

カタログを見ると、どのようなカリキュラムになっているのかがわかります。
自分のスケジュールに合ったカリキュラムかどうかを、ここから判断しなければいけません。
どんなに有名な講座であっても、自分のスケジュールが合わないようでは負担が増えていきます。
開講日の問題などもありますので、細かな部分まで確認することが大切です。
その上で過去の実績などを見て判断すると、負担の少ない効率のいい行政書士の試験講座が見つけられます。

独学と行政書士講座の違い

行政書士の試験は、学歴による受験資格がありません。
法学部卒でなければ受験できないといった縛りがないのです。
そのため多くの人が受験できる試験となってきました。

資格学校の講座などにいかず、独学で勉強をするという選択もできます。
独学で勉強する場合には、だれかに教わることもなく、自分でテキストを購入して勉強することになる方法です。
経験者の場合には、法律の知識があるわけですから、テキストでも理解することができるので問題はないでしょう。
ところが、初学者のスタートの壁は、簡単にはクリアできない問題です。
あまりの難易度に独学ではくじけてしまう人も出てきます。

資格学校の講座は、初学者専用も設定されています。
初歩の部分から教わることができるので、挫折したりしにくい作りです。
周りにいる生徒も同じような条件で揃いますので、困ったことがあればお互いで話をしながら乗り越えていくこともできます。

モチベーションの違いも独学と講座で大きな差がうまれます。
どんなにやる気があっても、1年に1回しか試験がないのが行政書士試験の特徴です。
1年間かけて勉強していくことになりますが、試験に対するモチベーションを保つのは、どんなに慣れていたとしても簡単ではありません。
いつでも同じようなモチベーションで勉強できるわけではないので、効率も変化してきます。

資格学校の講座は、講師がモチベーションを高めてくれます。
周りの生徒が勉強している姿を見て、自分もやらなくてはいけないと危機感を感じるはずです。
試験の時期が近いからではなく、教室の中で常に感じます。
プレッシャーともいえますが、独学と決定的な違いです。
頑張らなければいけない、支払った金額に見合うだけの結果を出さなければと思う気持ちが、モチベーションを支えてくれます。

資格講座は、資格学校が最新の情報に基づいてカリキュラムを組むところも違いです。
独学ではわからないことがあっても、自分で調べなければいけません。
最新の情報に基づいて、講師が指導するので、わからないことも試験対策とともに理解ができます。

資格試験には、必ずテクニックがあります。
これは行政書士試験でも変わりません。
行政書士試験の場合には、記述式や一般知識の問題に解き方のテクニックがあるのです。
試験テクニックを教わることができるのも、独学と講座の違いとなるでしょう。
市販されているテキストに載っているテクニックとは違いがあります。

利用するならこんな行政書士講座

さまざまな資格学校がある中で多くの講座が出来上がってきました。
資格学校として有名なところはいくつもありますがWeb通信講座もあるのがTACです。

TACはテキストもよく知られている、日本の大手資格学校として有名です。
初学者専用講座も開設しているので、初めてでも安心して学べます。
最短で合格するというよりも、しっかりと知識を身につけたいという人に向いていると言えるでしょう。
もちろん、短期集中型の講座もありますので、経験者でも使えます。

TACとともに日本の資格学校として有名なのが、LEC東京リーガルマインドです。
通学講座をメインとしていますが、通信講座もいろいろと揃っています。
豊富な選択肢の中から、自分の生活環境に合わせた講座を選べるのです。
講師陣が優秀なことでも知られており、高いレベルの講座を受けられることLEC東京リーガルマインドの特徴ともいえます。
それでも費用としては標準的なレベルなので、利用しやすい学校です。

大手資格学校として有名な資格の大原も、行政書士講座をおこなっています。
通学に力を入れておりますが、通信講座も多彩です。
講師が豊富なことでも知られており、さまざまな資格の講座を展開してきました。
その部分、行政書士の講座として強い特色があるわけではありません。
大手資格学校として、各地に学校を展開しているので、近くで見かけることがあるのは大きなメリットです。

通信講座としてはユーキャンが有名です。
テキストや添削指導が分かりやすいことでも知られています。
価格は一般的なレベルであり、これまで多くの実績を作ってきました。
知名度としても最高峰の通信講座となっています。

高い合格率を誇っているのがフォーサイトです。
フォーサイトでは不合格者に対する全額返金保証制度などもあり、特徴的な通信講座を展開しています。
自信を持って展開していることの裏返しですが、試験範囲を徹底的に分析し、学習範囲を絞っているため。高い効率のカリキュラムが有名です。
スマホの学習システムを持っており、通信講座としては死角がないとまで言われてきました。
費用も標準的なレベルで、利用しやすい学校です。

まとめ

行政書士試験にとってさまざまな講座は合格に欠かすことができない存在です。
費用がかかる代わりに、さまざまなメリットがあります。
独学では厳しいと思う人にとって、頼りになる存在になるので、どうしても合格を目指したいという人は検討してみるべきでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。