目指せ合格!行政書士の勉強のポイント

行政書士試験に合格するためには、かなり厳しい勉強する必要があります。
その人のこれまでの人生の背景によっても、合格に至るまでの時間は変わるところもポイントになるでしょう。
行政書士の試験の範囲は広く、効率よく覚えなければいけません。
これは、どんな背景の人でも変わらない事実です。

行政書士の合格を目指すメリット

行政書士試験には、受験資格がありません。
中卒でも高卒でも、受験できます。
開業する場合にも、欠格事由に相当しなければ、登録できるのは大きな魅力です。
自分の力で生きていきたいと思う人であれば、資格を手にして独立開業できることが、大きなメリットになるでしょう。

行政書士が扱う業務範囲の広さも、魅力のひとつです。
扱える仕事は1万種類を超えるとも言われています。
公的な書類もありますし、 交通事故の示談交渉なども仕事の範囲に入るので、多種多様な仕事を相手にしていくのです。
行政書士の仕事として遺産分配狭義なども注目されているので、間違いなく今後も増えてきています。

10年前の行政書士の扱える仕事の種類は、7000種類と言われていました。
これが現在は1万種類というところからわかるように、常に新しい分野を開拓してきたのです。
新しい法律ができると、そこに対応する手続きも増えていきます。
代行需要も増加してくることから、行政書士は仕事を増やしてきました。
時代とともに業務範囲が拡大していくので、独立開業を目指す人が多いのです。

需要を増やすのは、行政書士の仕事の範囲としてメリットがあります。
その反面、行政書士が覚えなければならない仕事もどんどん増えてきているのです。
常にチャレンジしていく精神がなければ、稼げる行政書士とはなれません。
稼げない行政書士との二極化が進んでいるとも言われるため、向上するためのチャレンジ精神が必要です。
自分自身の力で食べていくという強い意志を持ち勉強も続けられるのなら、行政書士に合格を目指すべきでしょう。

ほかの資格とのダブルライセンスで生かせるのも行政書士のメリットです。
行政書士の資格とほかの資格もカバーできると、仕事の範囲を大きく広げられます。
報酬単価のも、ワンストップで依頼しやすいダブルライセンスを生かした事務所の方が期待できるでしょう 。
さまざまな派生先も持つことも、行政書士の大きな魅力のポイントなのです。

行政書士に合格するための勉強は?

行政書士に合格するためには、試験範囲の勉強をしなければいけません、
行政書士の試験の範囲は8科目あります。
共通している部分としては、法律が関わる資格であるというところでしょう。
まずは、法律の基礎から学ぶ必要が出てきます。

行政書士の合格率は、10%程度しかありません。
受験資格がなく、だれでも受験できることから、合格率が下がっているとも言われます。
それでも多くの人が、行政書士試験を受けても不合格な事実は変わりません。
それほど簡単な資格ではないため、合格するための勉強方法が大切です。

一般的に、行政書士に合格するためには、初学者で800時間かかると言われています。
もっと少なくても済むという人もいますが、1年に1回しかないタイミングを考えれば、1年間は勉強に使えるのです。
この時間の中で、効率的な方法を考えれば合格にちかづきます。

行政書士の試験では、しっかりとした対策が必要です
自分でどのように時間を使うのか、生活環境によっても違いがあります。
学生の間に合格を目指すのであれば、できる限り勉強に時間を割けますが、社会人になってからの受験では限界があります。
長い期間勉強しなければいけないことを考えても、計画的に進めていく必要があるのです。

独学のときには、計画は簡単ではありません。
重点を置くべきポイントもなかなか見えてこないからです。
スクールに通学するとなれば、効率的な勉強ができますが、時間をかなり犠牲にしなければならなくなります。
自分の生活環境を踏まえたうえで、勉強に有効な方法を取る必要が出てくるのです。

行政書士に合格するなら独学かスクールか

行政書士の試験に合格するためには、いくつかの方法が考えられます。
代表的なところとしては、自分でテキストなどを購入して勉強する独学や、資格学校などが行なっている通信教育、資格学校に通学する方法があります。
大きく分ければ、費用をかけず自分の力だけで合格を目指すのか、それとも資格学校の経験や知識を利用して合格を目指すのかに分かれるでしょう。
どちらも一長一短があり全ての人が同じ方向がいいというわけではありません。

独学の場合、自分でテキストや問題集を購入するため、最も費用が抑えられます。
書籍の購入費用など、かなり多くの資料を用意したとしても、数万円で済むレベルでしょう。
もっと少額に抑えることもできます。
生活の中で勉強に充てられる時間を有効に使えます。
通学にかかるような時間もないので、時間配分というだけであれば最も効率的な選択です。

スクールの場合、通学するとなれば、入学金や資料代などかなりの金額がかかります 。
コースによって違いがありますが、20万円を超えることも珍しくありません。
通信教育などを利用し、必要な時だけ通学するといった選択も出てきました。
その代わり、スクールが持つさまざまな情報を活かして勉強することができるので、効率的な勉強になるのは確かです。
わからないことがあっても、講師が付いているので、その場で解決できるというのは独学との大きな差になるでしょう。

これまで法律の勉強をしたことがある人や、仕事で扱っているのであれば、独学でも十分です。
基礎的な知識があり、そこに行政書士の試験の知識を載せていけば、合格の範囲に届きます。
初学者なら法律の基礎知識を覚えるところまでが、最初の難関です。
独特の言い回しや、一般で使われる言葉との意味の違いなどもあります。
特に独学にするならだれも教えてはくれないため、この理解ができるかどうかが分かれ目になるのです。

法律初学者の場合には、資格学校に通うのがベストでしょう。
全く知識がない中でも、合格できるようなカリキュラムがあります。
初学者用のコースも設定されているので、無理なく覚えさせるのが資格学校の仕事です。
合格できるように導くと、資格学校の実績につながり、評判を高められます。
これが次の生徒へもつながることからも、書籍などでは公表しない受験テクニックなども教えるので、初学者には心強い味方になるでしょう。

初学者では、独学で合格できないというわけではありません。
さまざまな書籍が販売されており、過去問なども簡単に手に入るようになりました。
しっかりと情報を分析し、 客観的に現在の状態が判断できれば、独学でも行政書士試験に合格できる可能性はあります。
勉強はできるかもしれませんが、1年に1回という試験のペースからも、独学でモチベーションを保つのは大変です。
独学では自分の仕上がり状態のチェックなども客観視できないため、この辺りをクリアできるかどうかが分かれ目になります。

合格して行政書士として活躍するまで

行政書士は独立開業型の資格です。
行政書士試験に合格してから独立開業するまでには、いくつかのキャリアパスが考えられます。
どこかの行政書士事務所で勤務し経験を積む方法と、取得してすぐに独立する方法が一般的でしょう。
事務所に勤務していると、多くの経験を積むことができます。
行政書士の業務範囲の広さを考えると、なにも知らず開業するよりも現実的な選択です。

問題は、行政書士事務所の大半は、小さな規模だというところです。
独立開業型の資格として、自分一人で食べていくということが基本になります。
自分で仕事を取り自分で仕事をこなす、このサイクルによって経営が成り立つからです。

そのため、求人募集はかなり少数なのを覚悟しなければいけません。
自分で望む条件が満たされる職場は、なかなか見つからないと考えた方がいいでしょう。
特に正社員としての募集は、ごく少数です。
アルバイトやパートでの募集が大半なのも覚悟しなければいけません。

合格後に独立開業を目指す場合、まったく経験がないままでスタートします。
どのような仕事をしたらいいのかわからないまま始めることになるので、大きなリスクを抱える可能性が高い方法です。
仮に自分一人を養う文としても、これでは経営が成り立ちません。

実務研修で実践的な内容を学ぶ方法があります。
実際にどのような書類作成をしたらいいのか、実践的な内容を学べる講座が開かれているのです。
少なくても未経験で開業するよりは、経営として成り立つ環境をつくれます。
もちろん、実戦での経験とは違いますが、多くの知識を身につけ、経営に臨めるのは大きな違いです。

開業後に利用することもできます。
経営的な部分を教えたりするだけではなく、仕事単位での講座も開かれているからです。
受験前から受講して準備もできるので、自分の目標と合わせ、選択しておく必要があるでしょう。

行政書士として独立して開業するのは、夢のある話です。
自分の実力如何によって活躍できるのも、行政書士の魅力のひとつになります。
その反面、働く場所も時間も仕事の量も、自分で決めなければいけません。
休みもゼロにできますし、もっとセーブして生活することも可能です。
これがメリットにもなり、デメリットにもなることは覚悟しなければいけないでしょう。

仕事を通して成功するかどうかも、自分の力にかかっています。
活躍するためには、常に行政書士として知識をつけていかなければいけません。
日々勉強する気持ちを持たなければ、広がっていく重要に対しても対応できなくなるのです。

経営者としての資質も問われます。
規模は小さくても、行政書士は経営者の一人です。
経営者としての感覚を持ち、営業することを意識しなければ、事務所としても成り立たなくなります。
常に自分自身を磨く気持ちが必要ですし、顧客あっての行政書士であることも自覚する必要があるのです。

まとめ

行政書士は受験資格もありません。
だれでも目指すことができますが、仕事として間口が広いというわけでもないのです。
合格した後も、常に勉強して自分を磨いて経営していく意識を持つ必要があります。
それだけの魅力もある資格なので、まずは頑張って合格を目指すことが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。